2017年06月25日

マッドハープカトウの「ありがとうブログ」/空間を友とする/素領域(そりょういき)にありがとう!

みなさん、おはようございます。
ひょんなことから
「いろはひふみ祝詞」を教えてもらうようになり
(わたしがしょっちゅうウツウツとしている状態を不憫に思ったようです)
それから、理論物理学者の保江邦夫先生を教えてもらいました。
(幼少時から勉学が苦手で特に理数系は全くダメです。
今でも、チャージバックの割り算が苦手なんで人任せにしているのであります)
そんなわたくしが保江先生の書かれている
「空間を友とすることが幸運を引き寄せることになる」ということに感銘を享けました。
下記の内容です。
◆普通には考えられないような奇跡を体験し、あり得ないほどの幸運が舞い込み
 困ったときには必ず天からの助けが現れるようになるための秘訣というものは
 そう、単に「空間を友として生きる」だけでよいのだ。
 空間を友だちにすることができさえすれば
 空間に護られながらすばらしい幸運に恵まれるようになる。
 それは子どもの頃から知らず知らずそれを実践してきた僕が確認済みの事実であり
 さらにはご縁をいただいて若い頃に没頭した湯川秀樹博士の素領域理論によって
 物理学の観点からも理論的に明らかとなった真実でもあるのだ。
 もしも地球上のすべての人たちが「空間を友とする」生き方を始めてくれるならば
 この地球環境を取り巻く空間が人類の真の友としてこの世界を
 究極の調和と絶対平和へと導いてくれるに違いない。
☆「空間を友とする」あるいは「空間を味方にする」具体的な一番おすすめ方策は
  機会があるごとに「ありがとう」と言うことだ。
  親切のされたときはもちろん「ありがとう」
  そして自分の言動が誤解されたことで罵られたときにも「ありがとう」
  さらには殴られそうになったときにも「ありがとう」
  とにかく機会があれば、心からの気持ちを込めて「ありがとう」を発声し
  さらには周囲の状況が許せば全身全霊を込めて頭を下げるのだ。
  もちろん「ありがとう」と言う相手や頭を下げる相手というのは
 そのときお世話になった相手の方であるのはもちろんなのだが、それだけでは不充分だ。
 相手の方に加えて、相手と自分自身の間に「在る」はずの「空間」と
 相手の周囲を包み込んでいる「空間」に対しても「ありがとう」と言って頭を下げるべきなのだ。
 そもそも日本語の「ありがとう」は「在り難い」つまり「在る」こと自体が難しい奇跡的な
 幸運を授かったときに天や神を讃えるために発せられる言葉であり
 英語の「サンクス」と単に「感謝」を意味する言葉とは本質的に異なっている。
 その意味でも、何か自分が助けられたときに「ありがとう」と発するときには
 助けてくれた相手の人だけでなく、その人がこちらを助けてくれるような秩序ある流れを
 生んでくれた「空間」即ち相手の人の周囲や相手とこちらの間に存在する
 「素領域」に対しても気持ちを向けておくのがよい。
そして「愛」こそは我々人間が「素領域」に働きかけることができる唯一の手段となるものなのだから
「空間を味方にする」ためや「空間を友とする」ためには「愛」が必要不可欠となり
 「ありがとう」という言葉がここにきて最大限に重要な役割を担うことになる。
 心して実践してもらいたい。
◆あと保江先生はやらないほうがいいこととして
ネットの仮想空間に気持ちを向けない。
簡単に言えばスマホや携帯電話・パソコン・テレビの画面を見ないこと。
画面の中にあると「思わされてる世界」が「仮想空間」であり
そんなありもしない空間の中に自分が置かれているような錯覚を持続させればさせるほど
自分が本当は無数の素領域からなる空間に抱かれてているという真実から
遠ざかっていくとおっしゃってます。
ネットなどの「仮想空間」にハマると自分の気持ちがこの現実に向き合うというチャンスを
自らの手で摘み取ってしまい「空間を味方にする」ことや「空間を友とする」ことは
絶対にかなわないそうです。(つまり奇跡的な幸運に恵まれることがけっしてない)
ツキに完全に見放された人生を送らなくてはならなくなるそうです。
「できるだけネット上の仮想空間に興味を向けないように努力する必要がある!」
とおっしゃってます。
ということで、みなさん早く当ブログを閉じてください。ポテチン!!!
◆下記は、素領域・空間についてわかりやすく解説していた文章です。
☆数学者の岡潔先生は『空間には情とか愛のような粒々があって、その中に物質が詰まっている』というような主旨のことを述べられています。つまり、粒のような領域と領域の間には隙間があって
そこに“神”と呼んでもいい完全調和がある。
すべてがひとつにつながっている空間、これが宇宙の本来の姿で
素粒子はその粒々の間をエネルギーとして飛び移っている。
わかりやすいイメージでいうと、ジョッキに注がれたビールの泡、それが空間の正体です。
もし、空間の素領域(素粒子のある空間)の配置を自在に変えれたら
自分の望み通りの現象を起こすことが出来るかもしれない。
◆その素領域の配置を変えれるのは、『愛』と『感謝』のチカラだそうです。
 つまり、「思念の力」がそうさせるのだと、保江先生は言います。
 ポイントは、私達の生きる、この空間に対する感謝の念を忘れないこと。
 保江先生が教える幸運を引き寄せるキモ(手法)です。
 その1.空間に感謝する
 その2.空間を大事にする
 その3.人のために尽くす
 その4.スマホの画面に集中しない
 その5.神社などのパワースポットに行く
◆話変わって、フライヤーが届いたので貼っておきます。
☆7月22日(土)庄内BLues&Live Bar LOOSE
「加藤南部スタイル+岡部KINGの半生音ライブ」のフライヤーと
夜8時スタート チャージ:チップ制
https://ja-jp.facebook.com/shonai.loose/
☆8/5(土)コジマエンタープライズ企画/ブライトブラウン夏公演
「マッドハープ加藤 Down Home Trip Tokyo 2017 vol.2」のフライヤーです。
メンバー
マッドハープ加藤(Vo,h/from 大阪)
with 加藤ツヨシ(g)小山田トモキ(b)加賀美タダシ(dr)
ゲスト:佐々木サトコ(Vo.h)
オープン18時30分
スタート19時00分
※21時30分から遅くても22時00分には終了。
チャージ 1,500円(ドリンク別)
http://brightbrownnakano.wixsite.com/brightbrown
◆そろそろ本日のブログ記事もオチにはいります。
本日の記事タイトルを「マッドハープカトウのありがとうブログ」にしたのは
保江先生の影響を享けたからです。
パソコンに向かって長時間ブログを書いてると
ツキに見放された人生を送ることになりそうなんで
そろそろ、長靴をはいてサイクリング&ウォーキングに出かけます。
行き先は春日神社から最明寺滝です。
たっぷりと空間を友にしてきま〜す。
それでパソコンに向かって減った幸運?をチャラに戻します。
だから、MHKの人生は平凡に幸せなのです。ポ・テ・チ・ン!

1498200010803.jpg夏公演.jpgサトコ3.JPGサトコ2.JPG
posted by マッドハープ at 04:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

レッドハウスブルースナイト「復活」

噂で聞いていた
レッドハウスブルースナイトが復活します。
直接、連絡がなくて気になっていたのですが
先ほど、ネットで日程と詳細がわかったので
無断でライブ告知を載せます。
◆Red House BLUES NIGHT
日時/6月24日土曜日
19時オープン
20時スタート
チャージ/1500円(1ドリンク含む)
★ジャムセッション参加の方は、オープン時にエントリーお願い致します。
楽器はご持参の程宜しくお願い致します。エントリー料など発生しません。
上記チャージ+ドリンク別途でご入場下さい。
出演者
アイパー大西/vocal,harmonica
栄ちひろ/vocal,guitar
岡部キング/vocal,guitar
三木あきら/bass
TAKAGIMAN/drums
http://redhouse-osaka.com/
大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町7-4-15
TEL 072-228-7840
JR阪和線堺市駅下車徒歩5分以内
https://www.facebook.com/events/271731626619626/
posted by マッドハープ at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

活人術・人の領域/MHKは怪しい人物?/ブライトブラウン夏公演とフェイスパック

みなさん、おはようございます。
なぜか自転車に乗っていると
職務質問をよくされるMHKです。
昨夜も、警察官の姿が見えたので
「なんか言うてくるやろな〜」と思っていたら
案の定、すれ違いざまに
「あの少し時間をいただいていいですか?
 最近、自転車の盗難事件が多いもので
 この自転車はご主人のものですか?
 防犯登録はされてますか?」
その後、無線で問い合わせをするという
職質ベテラン?のMHKにとって見慣れた作業が行われました。
すぐに、私の自転車だと確認が出来たので
無事、釈放されました。
それから、家に帰って
ある方から、お祝いにいただいたカーネション(小束)を机に飾って
愛妻カレーを食べようとしたら
「亡くなった人みたいやね」
と奥方から言われました。

◆ここから話が変わります。
103歳の女性美術作家が書いておられた言葉です。
☆私には死生観がありません。
これまで私は、長寿を願ったことはありませんでした。
死を意識して生きたこともありません。
淡々と、生きてきました。
今でも
「死ぬときはこうしよう、死ぬまでにこういうことはしておきたい」
など何一つ考えていません。
いつ死んでもいい、そう思ったこともありません。
何も一切、思っていません。
先日、死生観は歳とともに変わるのかと、若い友人に尋ねられました。
私には死生観はないと答えました。
彼女はたいへんびっくりしていました。
考えたところでしようがないし、どうにもならない。
どうにかなるものについては、私も考えますが人が生まれて死ぬことは
いくら人が考えてもわかることではありません。
現に、私になにか考えがあって生まれたわけではありませんし
私の好みでこの世に出てきたわけでもありません。
自然のはからいによるもので、人の知能の外、人の領域ではないと思うからです。
さすがに病気にならないようにしようということぐらい考えます。
しかし、死なないようにしようと思っても、死ぬと決まってます。
死んだ後の魂についても、さまざまな議論がありますが
生きてるうちは、確かなことはわかりません。
人の領域でないことに、思いをめぐらせても真理に近づくことはできません。
それなら私は一切を考えず、毎日を自然体で生きるように心がけるだけです。
◆以上です。
まぁ、思考は止まらず自然体で生きようとすること自体滑稽なのですが
そういう滑稽な姿をさらけ出して
笑い飛ばせたらいいと思います。
「ポテチン」という感じで・・・
◆話がまた変わります。
最近、ある方から理論物理学者の保江邦夫先生のことを教えていただきました。
理論物理学については、まったくわからないのですが
保江先生は、キリスト活人術の伝道もされていて
その手法とエッセンスに感銘を受けたので紹介します。
☆活人術の具体的な手法として、10の例です。
活人術のエッセンスとしては「愛し、愛され、在るがまま」と伝えている。
1 損なクジをひく 2 しもべになる 3 自分の気持ちの中に何も留めおかない
4 朝、目が覚めたら手を合わせる 5 物を活かす 6 人を神様と思う 7 人に寄りそう 
8 愛する 9 愛されていると思い込む 10 在るがまま
◆以上です。
今後のMHKブルースハープ・ワークショップにも活人術の手法をとりたいと思います。
(しかし、今後のブルースハープ・ワークショップの予定はありません)
◆話がまた変わります。
当ブログのコメントにフェイス金岡君から連絡をして欲しいという
メッセージがあったのでメールをすると
ライブのお誘いでした。
場所とメンバーが決まったので
早速、報告いたします。
場所:シカゴロック
日時:11月4日(土)夜8時から
メンバー
ユニット名:フェイスパック
フェイス金岡(ギターと歌)
マッドハープ加藤 (歌とハーモニカ)
石井千景(ドラム)
松田ゑびす(ベース)
対バン
ユニット名:大野木一彦パック
大野木一彦 (歌とハーモニカ)
ヨシ水野 (ギター)
南部 光隆(ギター)
中村藍子(ドラム)
◆8/5(土)ブライトブラウン夏公演の詳細も決まりました。
マッドハープ加藤 Down Home Trip Tokyo 2017 vol.2
メンバー
マッドハープ加藤(Vo,h/from 大阪)
with 加藤ツヨシ(g)小山田トモキ(b)加賀美タダシ(dr)
ゲスト:佐々木サトコ(Vo.h)
オープン18時30分
スタート19時00分
※21時30分から遅くても22時00分には終了。
チャージ 1,500円(ドリンク別)
http://brightbrownnakano.wixsite.com/brightbrown
◆以上です。
6月のライブ予定はなく
次のライブは7月22日(土)庄内BLues&Live Bar LOOSEにて
加藤南部スタイル+岡部KINGの半生音ライブです。
https://ja-jp.facebook.com/shonai.loose/
◆世の中の傾向として、週末は夜遅くまで飲んで非日常を楽しむというライフスタイルより
 早く家に帰って日常を楽しむというライフスタイルになっているようです。
 そういえばわたくしもライブを見に行くこともないし
 家の近所を散歩したり銭湯に行くというような
 日常を楽しむライフスタイルに変わりました。
◆では、そろそろサイクリング&スロージョギングに出かけます。
 最近コピーしているのは
 Sam myers/Rack E'm upです。
https://www.youtube.com/watch?v=7x2jp2DepXQ
◆わたくしの場合、ライブや都会の雑踏には違和感と疲労感を感じるので
 神社や最明寺滝に非日常を求めます。
 ですから人にライブに来て欲しいというのはやめました。
(未練がましくブログに告知だけしていきますが・・・ポテチン)
 MHKの領域?ではコントロールできないことです。
 自然のはからいにまかせて淡々とブルースハープを続けます。
posted by マッドハープ at 05:48| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする