2015年12月31日

少しだけよい気分になろう/縁起物/エイブラハムのメッセージ

2015大晦日
みなさん、おはようございます。
おかげさまで昨日の午前中まで(午後から半日有給休暇をとりました)
今年も無事元気に仕事をさせていただきました。
今日から年末年始の休暇に入ります。
◆仕事が終わり家に帰って
 「どん兵衛肉うどん」を食べてから
 家の大掃除を軽く済ませてスーパーへ買い物に出かけました。
 お正月のしめ縄が売ってあり
 「縁起物」と書いてありました。
 その響きが気に入ったので意味を調べてみると
「縁起物(えんぎもの)とは、よい事があるようにと祝い祈るための品物」とのこと。
ということは「ブルースハーモニカも縁起物になるんかなぁ〜」
と休みモードに入ったのでしょうもないことを考えております。
◆今朝、「エイブラハムのメッセージ」という本を読んでいたら
 今の自分にヒットすることが書いてました。
☆自分が自己中心的に欲しいものを願うのではなく
 世の中が永続的に良い方向になることにつながるものを願う。
☆自分が引き寄せているのではなく、天が備えてくれていることを理解し、感謝する。
☆自分の明るい面をもっと愛したい。
 どうすれば、自分を愛せるのでしょう。
 その答えは「自分自身を嫌うのをやめればよいのです」
 言い換えれば「望まないことを押しのけようとしなければ、愛が自然なあり方になる」ということです。
 あらゆるものを見てそのなかのどれかに「イエス」と言うことと
 あらゆるものを見て「ノー、ノー、ノー」と言い続けることの違いを感じられるでしょうか。
 物事の陳列棚を眺め、並んでいるものにあなたが「イエス」と言えば、それを活性化させます。
 望むものにイエスと言っていればそれを活性化させます。
 そして望むものの波動だけを発信しており「源のエネルギー」もそれに応えていきます。
 そうすれば、すべては楽に流れてゆきます。
 しかし、すべてが引き寄せで動いているこの宇宙においては
 何かを求めて自己主張する必要も何かを排除しようとする必要もありません。
 何かに「ノー」と言って追い払うことはできないのです。
 「ノー」と言ったものは、やってきます。
 物事に注意を向けることは、それを求めることだからです。
「あれは欲しいのだけど、あれは欲しくない。私は自分のここは好きだけれど、ここは好きではない」
 これでは、あなたはその全部を活性化させたことになります。
 私は肉体のうちにいますが、今では「源のエネルギー」の延長であることに意識的に気づいています。
 それは、私は「純粋な肯定的なエネルギー」であり
 私の本質は、まったく素晴らしいものであるということです。
 そして、熱意、感謝、自己愛などが感じられなくなったときはいつでも
 その要素にとって不自然なものを導入してしまったからだということです。
 私はもはや、気分が悪い時に、幸せな気分になるよう、自分に求めたりしません。
 代わりに、今感じているよりも少しだけよい気分になるように求めます。
 とても気分が悪いとき、少しだけ気分をよくしようとすると
 実際にそうなることがわかっているからです。
 非常によい気分になったわけではなかったとしても少しだけ気分をよくしようとすると
 実際にそうなります。
 本当によい気分になります。
 本当によい気分になるのがうれしくて気分が悪かったことなどはほとんど思い出せません。
 私は気分が悪くなることなど心配しません。
 気分が悪くなるようなことがあれば
 ただ、少しだけよい気分になろうとすればよいからです。
 今や、私は完全な自由を感じています。
 あまりよくない気分から少しだけよい気分になるのが
 いかにやさしいかがわかっているので気分が悪くなることなどもう恐れていません。
 気分がよくないときに、非常によい気分になろう、などという不可能なことを求めることもありません。
 私は、少しずつ、少しずつ、少しずつ、少しずつ気分をよくしていきます。
 そうすれば、ここからたどり着けない状態などないとわかっているからです。絶対に!
◆以上です。話が変わって
昨夜、シカゴロックでチヒロくんとセッションした曲
ALBERT KING I'll Play the Blues for You
https://www.youtube.com/watch?v=uJneW_jAICI
今朝、動画を見て思わず「こんな曲やったんか〜チヒロくん」とつぶやきました。
◆では、今日もすこしだけよい気分になるためにスロージョギングに出かけます。
 (元旦前日の初詣もMHKの恒例年中行事になっております)
 それでは、みなさん今年もお世話になりました。
 日本全国民&全世界の幸福を祈願してきます。
posted by マッドハープ at 05:14| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

復帰ライブ/自由の身へとたどりつく人/アラシックス

みなさん、おはようございます。
復帰ライブの日程が早くなりました。

◆木曜日にHOBOぬきな氏から
仕事中に着信と留守電が入っていて
「1/23土曜日シカゴロックで吹いてくれへんかな?」
とお誘いを受けました。
実は、活動休止前にもお誘いを受けていたのですが
そのときは、3ヵ月は活動休止
復帰ライブは2/20土曜日
あかりさんとのデュオにすると
固く決心していたのでお断りしてました。
(そのことをぬきな氏は忘れたのか?)
しかし、根が意志薄弱・優柔不断のわたくしは
「頼まれごとは聞くのがツキを呼ぶコツ」という話を思い出して
やることにしました。
ぬきな氏曰く
「ライブにはまた同級生に声をかけてるよって集客の心配はないで〜」
ということで
客層は還暦オーバーの方(アラシックスというのかなぁ〜)
が中心になると予想しております。
◆「他人のふんどしで相撲をとる」ではないのですが
(自分では努力しないで、他人の真似をしたり、他人の成果に相乗り便乗するようなずるい人のこと)
復帰ライブはぬきな氏に甘えて気楽に演らせてもらいます。
◆2016MHKのライブスケジュールをまとめると
☆1/23(土曜日)南森町シカゴロックにて 夜8時から
 HOBOぬきな&マッドハープ加藤
http://chicagorock.sakura.ne.jp/access/index.html
☆2/20(土曜日)箕面神音比にて 夜8時から
 BAD BOYアカリ&マッドハープ加藤
http://plaza.rakuten.co.jp/cafecannabis/
◆活動休止中に(湯船に浸かりながら)
「ライブ活動ができる50代のオッサンは全国に何人いるのか?」と考えると
とても恵まれているなと反省しておりました。
「感謝が足りないと何でもないことに悩む」そうです。
(わたくしの場合、油断すると感謝がすぐに減るのであります)
毎日、ブルースハープの練習をして仕事をしてライブを続ける!
息が出来てブルースハープが吹ける間はずっとそれをやるだけです!
(チト大袈裟すぎるかなぁ〜)
あらためて
「みなさん、ほんとうにありがとうございます」
◆話題が変わります。
 ブッダの言葉をアレンジしました。
☆自分の内面を見つめることは
 ウツウツ・ぼんやりした意識をしゃんと覚醒させる。
 「あ、ワシは今サボって遊びたい欲望が生まれた」
 「あ、ワシは今嫁ハンへの怒りが生まれた」
 「おや、怒りが消えていった」
 「あれ、今度は人に依存しているな」
 「今度は、嫉妬が出てきた」
 「今は、漠然と不安になっているようだ」
 こうやって意識が自分の内面に向かい
 それにあなたがいつも気づいていられるのなら
 混乱した心が整理され、明晰になる。
☆自由の身へとたどりつく人とは
 自分の内面の変化を見つめようと、絶え間なく自らに向き合う人は
 それにより「瞑想者=ヨーギ」と呼ばれるにふさわしい。
 自分自身の内面を見張り続ける人は、心の安らぎと自由にたどりつく。
 遺伝子の生存本能(エゴの妄想)に支配され
 無意識に暴走させられつづけてきた奴隷のような状態から
 ついに、自由の身へとたどりつく。
◆南 沙織/17才
https://www.youtube.com/watch?v=w21cdqdMTq0
 兄貴がファンでした。
 「好きなんだもの、私は今、生きている〜」
 素晴らしい歌詞です。元気が出る動画です。
◆HOBOぬきな氏の動画(千賀太郎がバックで吹いてます)
https://www.youtube.com/watch?v=0-FQqlt0be4
元気が出る?
うーん、キツイ人には南沙織がおすすめです。
◆では、今から最明寺滝までサイクリングに出かけます。
◆最明寺滝の動画です。
阪急の山本駅から30分で行けます。
https://www.youtube.com/watch?v=n6B8UEWIRHg
posted by マッドハープ at 05:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

法事/F.I.H.ハーモニカコンテスト

みなさん、おはようございます。
本日、私事ではございますが
法事に出席します。
当たり前なのですが、年齢を重ねると
お葬式や法事に出席することが多くなります。
それと、あるブルースハーピストの方から
「来年のF.I.H.ハーモニカコンテストに興味があれば
ゲストプレイヤーとして出演しませんか?
もし興味があれば推薦しますよ!」
との連絡がありました。
http://moridaira.jp/fih/contest-fih
人選は来年決まるのですが
決まっても決まらなくても
話のネタとして結果は当ブログで報告します。
実は、数年前にもお声がかかったのですが
レコーディング当日に現場へ現れなかった
Good Rockin´ Charles のように
ビビッてお断りしたのであります。
https://www.youtube.com/watch?v=jYGszwucFG4
https://www.youtube.com/watch?v=JQFMBZbKfc0
(MHKに風貌が似てるそうです。使うフレーズも似てる?)

◆そんなことがあり人生についてチト考えていたら
 下記のような文章と出会いました。

☆人生とは、「私とは何か?」を知る作業である。
それ以外に、無い。
人生とは、全てが浄化である。
浄化とは、自分の中に何か罪や戯れがあり、それをきれいにすることではない。
例外なく、あらゆる存在に、罪や戯れというものは一切存在しない。
全ての存在は皆、純粋無垢な存在なのである。
では、何が浄化なのか?
それは、本当の自分でないものを手放すことが浄化なのである。
自分が純粋無垢で栄光に満ちた存在そのものであることを忘れ
未完であるこの世の何かと誤った自己同一化をしていることが
この世界での苦しみの根本原因である。
世界が幻想であれば、人間もまた幻想である。
しかしまた、幻想において世界や人間が存在しているおかげで
自分とは何か?を知ることが可能になるのである。
本当の自分でないものを放棄する作業の連続が、すなわち人生だ!
それは、自分とは何かを知っていく作業なのである。
よって、真実の自己を知るときが、この世界の終焉なのだ。

人生そのものとは土台であり
人生に起きるあらゆる出来事は建物の外観である。
わたしは時に、人生とは何か?と自分自身に問うが
建物に隠れた土台を実際に見てみようとする者が少ないように
やがて(MHKも)は建物の外観に忙しくなり、土台そのものを忘れる。
人生とは何か?と問うてその答えを見つけるのではなく。
どう生きる(生計をたてる)かに忙しくなる。
何に成るべきか?
何を得るべきか?
何をするべきか?
それでは決して建物でくつろぐことができない。
人は求め続ける。
何かをしても、何かを得ても、その結果何かに成っても
結局のところ「私」は満たされていない。
幾多の人生を経て改めて幻想の本性に気づいたとき
いよいよ建物の解体作業を開始するのである。
土台を見て私は問う
人生とは何か?
さらに土台まで解体して私は問う
私とは誰か?
私とはいったい何なのか?
あらゆるものが解体されて全てが無に帰したとき
ただ「それ」だけが在る。
はじめから建物は存在していなかった。
そこは天国と呼ばれる場所であり
完全なる平和と至福である。
それが「私」である。
しかし、それが私であるという表現は正確ではない。
なぜなら、たどり着いたその瞬間
「私」は消滅するからである。
旅をしてきたのは「私」だった。
旅がないとき「私」もまた無いのである。
実が熟すまで実が落ちないように
問いとの出会いが、その時期を知らせる。
「私」とは誰か?いったい何なのか?
もし問いに出会ったら、実が熟す時である。
◆以上です。
ブログを書いてたら
法事に出かける時間がせまってきました。
その前に、スロージョギングとハーモニカの練習にでかけます。
「こういう作業も幻想なのか?」と考えるとわけがわかんなくなりますが
最近、どんどん自由になってきてます。
では、みなさんも自由になってね〜
「わたしはワクワクしながら成長します。
わたしはあなたの成長を祈ります」
胡散臭くなってきたので
今日のブログはこのへんでおいとこぶし!
posted by マッドハープ at 05:42| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする