2016年01月25日

復帰ライブ満員御礼/ずっと続けていることがあるだけで

おかげさまでシカゴロックでの復帰ライブは満員御礼にて無事終了しました。
(みなさんいろいろご心配おかけしましてを申し訳ありませんでした)
◆ある先輩ギタリストに
 復帰ライブの事をメールしました
「昨日、シカゴロックでぬきなさんと復帰ライブを行ってきました。
 ぬきなさんの同級生多数とわたくしの同級生一名が来てくれました。
 同級生がわたしの音楽活動をしている姿が励みになっていると言ってくれました。
 自分のやりたいことを続けているというのは
 同級生からするとうらやましいようです
 休むとか言うのは贅沢で自己中な考え方やと反省しました
 これからは無理せずに期待せずにがんばってやります」
すると先輩から
「一つでもずっと続けていることがあるだけでも周りからすれば素晴らしいと思うのは本当です。
まして人前で演奏することは当たり前のようですが
ギャラをもらって演奏するとなると
人からすると特別に感じていると思います」
と言われました。
これからは活動休止とか言ってはイカンと深く反省をいたしました。
無理せずに期待せずにがんばって続けていきます。
つまり調子に乗らず落ち込まずの状態で続けるということです。
◆Photo by 小島六月氏
IMG_8960.jpg
posted by マッドハープ at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MHKのワクワクパワー/同級生/ダウンホームハーピストの本音

みなさん、おはようございます。
◆先日あるダウンホーム系と言われるハーピストの方に
「わたくし実はダウンホームハーピストと言われたくないんです。
だから、ダウンホーム系ハーピストのコピーはやらずに
リトルウォルターなどのモダン系ハーピストのコピーをやって日々あがいてます」
とのメールをしたら
「いわゆるダウンホーム系と言われるハーピストは
自分では認めたくないと思われる人は多いと思います。
(まあはったりをかましてたり、あがいてたりする所が人間臭くもあるんだけど・・・)
僕もときどき、「いなたい」などと言われて
多分ほめ言葉のようなんだけど自分では腑に落ちなかったりします。
みんな上手くなりたくて練習するんやしね」
との返信がありました。
では、人からどう言われたいのかというと
「スゴイですね!感動しました!」
と形容詞をつけずにシンプルに言われたいのです。
ちなみにDown Homeの意味を調べると
「主に米国で用いられる。南部風の素朴な気取らない」と書いてました。
ちゅうことで
加藤南部スタイルはビッタリのネーミングでありました。
◆それと土曜日シカゴロックに来てくれた中学時代からの友人へ活動休止中に
 下記のような
「わたくしは人から見捨てられたくないとか認めてもらって安心したいという
音楽が好きというより感情面の渇望感からやってしまうので
ずっと心底楽しいとは思えず
ライブをやらないと人から忘れられるのではないか?
というイタチごっこの繰り返しです。
ですから、休めばなんとか
見捨てられ不安を克服できるはず
また、できないと
聞いてる人が安心して楽しめる演奏ができないと思うのです」
とグチを送ったら
「私は見捨てません。
 お休みになられても
 お亡くなりになられても
 心の中に響いています」
との返信をくれました。
彼とは、年に1回ぐらいしか会わなくなりましたが
心の支えになってくれる大切な友人です。
◆話変わって「ワクワクパワー」について
 みなさんがすでに「ワクワクパワー」をもっているということは
 まぎれもない真実だそうです。
 ですから、そのワクワクパワーをさらに獲得する勉強は必要はありません。
 すでにあるものをどうやって引き出すかということを
 MHKと勉強しましょう!

 あなたがつくられた時(生まれたとき)
 すでに「100%のあなた」だったそうです。
 そして今でもほんとうは100%だそうです。
 ですから何も怖れることはないということです。
 
 今の自分にワクワクパワーがないと信じるとき
 自分は死んでいきつつあると信じています。
 自分にワクワクパワーがないとき
 他人にもワクワクパワーがないようにと望みます。
  
◆誰かにブルースハーモニカを教えるときは
 一人一人がワクワクパワーを持っているとしゃべります。
 他人も自分も傷つけることなく
 誰もが必要な表現方法を全部創造できるとしゃべります。
 ワクワクすればワクワクなれるということをしゃべります。
ということで
☆箕面橋本亭にて
「BLUESを吹きたい人のためのBluesharp Workshop」を
久しぶりに行います。
開催日:3/13日曜日 夕方6時30分〜9時
参加費:1500円 KeyCハープと録音機持参
アクセス:http://hashimototei.minoh.net/
◆話が戻って
 土曜日、HOBOぬきなwithマッドハープ加藤ライブに
 集まっていただいた同級生のみなさん&一般のお客様
 トイレに行ってる間ハーモニカを吹いてくれた岩元一功君
 マスターの塩山さん本当にありがとうございました。
 ライブに誘っていただいたぬきなさん
 運転手兼バッキングで参加していただいたギタリストさん(すいません名前を忘れました)
 お疲れさまでした。
 また、一緒に演奏しましょ〜う!
◆Photo by 小島六月氏
IMG_8960.jpg
posted by マッドハープ at 05:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする