2016年02月28日

Bring It On Homeの訳詞/永遠を自覚する/堺バウンド

みなさん、おはようございます。
来週3/6日曜日
サムズレコードレッドハウスで行われる
http://dp00004927.shop-pro.jp/?mode=f4
BLUESを吹きたい人のためのBluesharp Workshopに向けて
吹き語りでバンプの練習をするネタを考えております。
課題曲はサニーボーイU世のBring It On Homeですが
やはり歌詞の意味がわかったほうが
グッと情感がこもって楽しくなるだろうと思ったので
載せておきます。
☆サムズレッドハウスのフェイスブックを読むと
現在の参加予定者はコウイチ君だけだそうです。
(主催者なので参加者ではないかなぁ〜)
それと、わたしの知り合いが2名の合計3名です。
たぶん、みなさんは懇親会が行われる「みどり湯」には参加しないと思うので
銭湯には一人でゆっくり浸かってきます。
◆Bring It On Home1番の訳詞です。
ベイビー オーベイビー
俺はオマエの待つ家に帰るんだ。

俺は切符を買った。
荷物も持った。 オー神様
車掌は大声でみんなを乗り込ませた。
自分の席を見つけ 腰をかける
ゆっくりと汽車は走りだした。

ベイビー オーベイビー
俺はオマエの待つ家に帰るんだ。

俺は今帰るのさ
俺は今帰るのさ
俺は今帰るのさ
俺は帰るのさ お前の待つ家に
◆ここから話題を「永遠を自覚する」に変えます。
「永遠とはのちにくるものではない。
 それはすでにここにある。
 もし永遠にここで達していないならば
 どこにおいてもそれを達することはできないだろう」
「私たちは死にゆく体の中に生きている。
 しかし私たちはあたかもそうでないかのように日々振る舞っている。
 そして、これが私たちの最大の堕落のもとである」
〜自分自身の死について〜
自分の死という問題には二つの見方がある。
第一は、私たちはこの目に見える体であり
ある時に生まれ、しばらくは生き、やがて老化して死にそのままずっと死の状態にいる、という見方です。
このような見方を意識的にでもそうでないにしても内にもっているとしたら
死は実に耐えがたく恐ろしいものでしょう。
(MHKもそのような意識を内にもっていました)
このような見方を捨て、次に述べる第二の見方をしなければ、死を恐れるのも当然でしょう。
しかし生命そのものを憎むか恐れるかしていれば
この第一の見方は歓迎すべきなのかもしれません。
では第二の見方はどうかというと とても単純です。
「人は永遠なる存在であり、無限の精神が形ある体を仮にまとっている」というものです。
この第二の見方では
「ただ形ある体だけが死に人という存在は創造された時のように完全な全体で
その体もまた意志の力という普遍的な精神を源に持つ」というものです。
普遍的な宇宙の精神はつねに形のないものであり
愛と美、優しさと創造性を本質とする純粋なエネルギーです。
それは形のないものですから死ぬことはありませんし
すなわち、形なく、死もなく、境界もなく、腐敗したり消失したりすることもありません。
これら二つのうち、みなさんはどちらの見方に安心できるでしょうか?
どちらに安らぎと愛を感じ、どちらに恐れと不安を感じるでしょうか?
自分は無限なものであると考えることで永遠と調和できるのは明らかです。
永遠と一体化して生きるか?永遠を無視して生きるか?
どちらかを選べるのです。
どちらを選ぶにしても、ここで永遠と出会うことになります。
この出会いはもはや避けられません。
(つまりだれでも死と出会うということですなぁ〜)
〜永遠との出会いについて〜
永遠は今ここにある!
すなわち、今ここにいるあなたが永遠なる存在なのです。
死が人生の終わりであるという恐れを捨てれば
永遠と一体化するのを感じて安らぎに満たされるでしょう。
私たちはこの形ある世界のすべてを時間と空間に制約された見方で見ようとします。
しかし、「永遠」は時間、空間にしばられてはいません。
あなたの体を構成する要素(心臓や脳や骨などなど)
あなたはただ、この要素を利用するだけです。
あなたは時間と空間を超え出て、無限の宇宙の普遍的精神と一体化します。
それがわからないとしたら、あなたの内の恐れのせいです。
時間と空間にしばられて、形ある体のなかに生活していても永遠と今ここで出会えるのです。
下記の詞はあなたのインスピレーションのもとになります。
「あなたは可能性とともに生まれた。
 あなたは善と信頼とともに生まれた。
 あなたは理想と夢とともに生まれた。
 あなたは偉大さとともに生まれた。
 あなたは翼とともに生まれた。
 あなたは這いつくばるために生まれたのではないのだ。
 だから這いつくばるな!!!
 あなたには翼がある!!!
 翼を使い、飛ぶことを学べ!!!」
◆次の話題は「堺バウンド」
シカゴブルーズの名曲ジミーロジャーズの
「シカゴバウンド」をもじっただけです。
バウンドの意味は、「〜へ行くところ」ですので
本日、嫁の実家堺へ向かうMHKは「堺バウンド」ちゅうことになるわけです。
(その後、忠岡木材コンビナートで穴釣りを楽しんで泉大津浜之湯へ行ってきます)
冒頭に書いたように
来週、3/6日曜日も堺サムズレッドハウスに行くので
2週続けての「堺バウンド」になります。
その前に、今からスロージョギングと神社参拝に出かけます。
みなさん、「永遠を自覚」しましょ〜う!
お金をかけずによい気分になれます!!!
◆「BLUESを吹きたい人のためのBluesharp Workshop」
場所:堺市サムズレコードレッドハウスにて
開催日:3/6日曜日 14時〜16時(終了後、銭湯で懇親会を行います)
参加費:1500円 KeyAハープと録音機持参
☆懇親会のみの参加でもOKです。
レッドハウス講座.jpg
posted by マッドハープ at 05:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

SAM'Sとわたし/つながりの人/有ること難し

みなさん、おはようございます。
昨夜は箕面神音比(カンナビ)さんで
本格的?な復帰ライブを
バッドボーイ明里先輩とデュオで行ってきました。
一昨日、家族からは
「土曜日はどしゃ降りやで〜車で行きや!」
とまっとうなアドバイスをされましたが
根っからのケチでケツの小さいわたくしは
自転車で職場へ通勤しそのままカンナビさんへ向かいました。
(移動中、上下のカッパは着ていたものの視界が悪く約8qはくたびれました)
店について、となりの接骨院の軒下で持参した自家製おにぎりを食べ
食後に近所のダイエーで38円(税込)トップバリュ缶コーヒーを買って
一息ついておりました。(やっぱりケチでっしゃろ〜)
◆その後、店に入ると明里先輩はすでにアンプのセッティングを済ませて
 車を駐車場へ停めに行かれたあとでした。
(一般常識のある先輩はちゃんと車で移動されますなぁ〜)
それからリハーサルをやりましたが百戦錬磨の先輩は
わたしのわかりにくい説明をすぐに理解してくれました。
(おかげでライブ前の不安は払拭されました)
◆昨夜のセットリストです。
1ステージ
1.Baby What You Want Me to Do(E)
2.Walter's Boogie(E)
3.SAD HOURS(F)
4.I DON'T PLAY(F)
5.BAD BOY(A)ボーカル明里さん
6.JUKE(E)Alternate Take(別テイク)
2ステージ
1.JUKE(E)本テイク
2.CAN'T HOLD OUT MUCH LONGER(E)
3.IT AIN'T RIGHT(B)
4.Walking By Myself(A)
5.Mad Harp Jump(G)Sonny Boy's Jumpのインスト
6.Everything's Gonna Be Alright(G)
7.Flying Home(F)日本語詞付き
アンコールは
Big Fat Mama(G)
JANIE ON MY MIND/アナリィー(E)のメドレーで終了。
途中で昨日初対面のベーシスト(24歳の若者)が2曲加してくれました。
◆昨日ライブに来ていただいた
 井上ファミリーのみなさん(還暦誕生日のいのけん氏、ふみこさん、娘さん)
 激二日酔いの六月さん
 マギーおがたくんの友人カップル(何故かおがたくんは居なかった)
 ツヤツヤのくみこさん(サイクリング同好会に入ったらしい)
 常連のお客様、ほんとうにありがとうございました。
 PAのしんぺい君、スタッフのレゲエ兄さん
 いつもツヤツヤの店主みえさん
 気持ち良く演奏させていただきありがとうございました。
◆昨夜、ライブから帰ってみると知り合いの方から下記のメールがありました。
「MHKさん、ご無沙汰してます…
ロッキンイチロー(笹原一郎)さんが去る2016/2/14食道癌の為 逝去致しました…
私個人の勝手なお願いですが、イチローさんとの思い出があればブログにアップして頂ければ幸いです…
厚かましいお願いですが、何卒よろしくお願いいたします…」
との要望がありイチロー氏との思い出と接点をさがしてました。
すると数年前に一度だけSAM'S RED HOUSEで共演したことを思い出しました。
ウッドベースの弾き語りでシャウトをするイチロー氏が衝撃的でした。
それから記憶をたどると
SAM'Sではロカビリーナイトとブルースナイトというイベントが定期的に開催されており
社長が「ロッキンイチローはエエぞ!あんなパフォーマンスをするやつはおらん」
とベタ褒めをしておりました。
ロッキンイチロー氏はロカビリーナイトのスターだったようです。
一方、MHKはブルースナイトの何だったのか?
その答えはあなたの中にあるのです。
そういえば昨夜、一緒にライブをしたバッドボーイ明里氏は
ブルースナイトのハコバン「ウィンディ・シティ・ブルースバンド」のリーダーでありました。
当時、わたしは毎月行われるブルースナイトに通っておりました。
そんなところが思い出と接点でおます。
◆話が変わって「つながりの人」と「有ること難し」について
すべての生命の源である存在と一致して生きる人は
普通の人々と外見が違って見えるわけではありません。
後光が差しているわけではないし、神々しい精神性を表す服を着ているわけでもありません。
しかし、この人がすべての幸運を自分のものとする幸せに恵まれた人であると気づいて
話かけてみれば、この人が世間一般の人々とどんなに違う意識レベルに生きているかわかるでしょう。
意志の力とつながるこの人と少し話せばこの人がどんなにユニークであるかわかるはずです。
この人を「つながりの人」と呼びましょう。
意志の力の場に調和し、つながっている人です。
そして成功を自分のものとしている人です。
望みは叶わない、なんてこの人に思わせるのは不可能です。
望みは実現しないかもしれない、などとは決して口にせず
すべての源である存在が必要なら何でも与えてくれるという
深く単純な確信からすべてを語ります。
(実は、ここだけの話ですがMHKもつながりの人で〜す)
私たちは人間に生まれたことを当然のように思ってますが
人間として生まれてくることは何億年、何兆年に一度めぐってくるか否かというくらい稀なことだそうです。
「有ることは難し」とは、つまり「奇跡・珍しく・貴重・レアである」ということです。
存在することが難しいと説いているわけです。
またお釈迦様は「法句経」のなかで
「人の生をうるは難く、やがて死すべきもの、いま命あるは、有り難し」と説いてます。
このように、めったにないという意味から派生して
いま生きてること、生かされていることに対し
不思議だ、きわめて貴重なことだという感動が生まれてきたのです。
◆以上です。
リトリート生活中に
ライブをやれる一般庶民のオッサンはいかに珍しい貴重な存在であるかと
気づいたのであります。
MHKのわがままな活動にお付き合いしてくださる
家族、お客様、お店のオーナー、ミュージシャン、職場のみなさんの存在が
「有ること難し」です。
◆では、そろそろスロージョギングに出かけます。
それと最近、お風呂で体を洗うとき
「右足さん、ありがとう!
 左足さん、ありがとう!
 ムスコさん、ありがとう!
 お腹さん、胸さんありがとう!
 右腕さん右手さん、ありがとう!
 左腕さん左手さん、ありがとう!
 背中さん、ありがとう!
 首さん、ありがとう!
 目さん、鼻さん、口さん、ありがとう!
 頭を洗いながら
 頭さん、ありがとう!」
 と唱えております。
 ケチな男の健康法です。
今日のブログはこのへんでおいとこぶし!
Billy Branch & The Sons Of Blues / Bring It on Home
https://www.youtube.com/watch?v=ligCYHiWex8
レッドハウス講座.jpg
posted by マッドハープ at 05:38| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

MHKは妙好人/世界一幸せなブルースハーピスト

みなさん、おはようございます。
本日は昨日バレンタイン出勤?をしたので
公休日をとっております。
◆昨日、仕事が終わって
 庄内の「日本一の銭湯、夢の公衆浴場五色温泉」に行ってきました。
 露天風呂に浸かっていると知人が
 「前から思ってたんですけどMHKさんは妙好人ですね〜
  胡散臭く思われそうなんで言わなかったんですが
  最近、変わってきておられるので理解してもらえると思いました〜」
そんな世間話があり家に帰って早速「妙好人」について調べておりました。
◆妙好人について
妙好人(みょうこうにん)というのは、念仏の教えによって安心(あんじん)を得た人のことである。
安心は阿弥陀さまを信じることで得られる宗教的な救いのことで
禅宗でいうところの悟りのようなものである。
妙好という言葉は「たえなること」を意味しており、「妙好の華」は白蓮華(びゃくれんげ)を意味するという。つまり白蓮華のような妙なる人のことを妙好人と呼びます。

ただし学問やお金のある人、あるいは僧侶などは妙好人の資格がないようで、世俗の生活を送っている。
字も読めないような、どちらかというと貧しい人が妙好人と呼ばれているそうです。
だから妙好人の信心は本を読んで得たものではなく
貧苦の生活の中で鍛え養われたものである。
そのため彼らの信心は筋金入りであり、純金の輝きを放つ人のである。
☆注:しかしMHKは、法華経についての知識はまったくありません。
   ですから「MHKは妙好人」と書いてますが本気にしないでね〜
◆白蓮華(びゃくれんげ)について
もっとも尊ばれる蓮の華は、実は、誰もが理想とするような、明るくて風通しのよい
すがすがしい場所に育つのではないそうです。
そうではなくて、誰からも遠ざけられるような、汚らしくてジメジメとした泥沼にこそ
蓮の華は咲くのだそうです。
一切の汚れに汚されていない真っ白な蓮華は、ドロドロと濁りきった泥沼のなかにしか咲かないそうです。
私たちは、神からの授かり物であるので
神様から私たちに差し向けられている願いのことをよくよく聞かせてもらい
疑うことなく素直になって信じるならば、
その人こそ、泥のなかに咲く白い蓮華であるということです。
MHKも日々の労働と散歩とブルースハーモニカの練習により
MUD(泥)のなかに咲く白い蓮華になっていくのかなぁ〜?
そのようなことを感じて
知人は「MHKさんは妙好人ですね」と言ってくれたのでしょうかねぇ〜
◆話が変わって
昨日、サムズレコードレッドハウス店長のコウイチ君から
ブルースハープワークショップのフライヤーが送られてきました。
わたくしが「終了後に銭湯で懇親会あり」と原稿を送ったので
そのままフライヤーに記載されておりました。
早速、コウイチ君にお礼の連絡をして
「銭湯に行く人おるんでしょうかねぇ〜」と聞くと
「いないと思いますよ〜」と言われました。
まぁどっちにしろ終了後、銭湯(店から徒歩10分のみどり湯)に行くつもりです。
◆今週末2/20土曜日のカンナビライブに向けて
 選曲をコピーしたり、リフを考えたり歌詞を考えたり
 みなさんが喜んでもらえるようにあれこれと作業をしてます。
 (でも、結局のところ自分が楽しくなる曲をやるので
  とってもわがままだと思いますが・・・
  しかし是非ともMHKが楽しいと思っていることを楽しんでくださいね〜)
◆「世界一幸せなブルースハーピスト」と書いたのは
有名になって不幸になる人間、才能があってもまわりを不愉快にさせる人間より
無名で才能がなくてもまわりを愉快にさせる人間になるほうが最強ではないか?
と思ったからです。
◆てなことで
〜世界一幸せなブルースハーピストMHKのライブ&Blues Harp Workshopのスケジュール〜は
☆2/20(土曜日)箕面神音比にて 夜8時から
 BAD BOYアカリ&マッドハープ加藤ライブ
 チャージ:投げ銭
http://plaza.rakuten.co.jp/cafecannabis/
☆4/30(土曜日)京阪牧野ムーンシャインにて 夜8時から
加藤南部スタイルvs大野木一彦&大谷朝子交流戦ライブ
http://tabelog.com/osaka/A2707/A270702/27011269/
 チャージ:投げ銭
☆5/4(水曜日・祝日)シカゴロックにて交流戦ライブ第2弾!
加藤南部スタイルVS大野木一彦&バッドボーイ明里
よる8時から チャージ1,500円
http://chicagorock.sakura.ne.jp/
◆「BLUESを吹きたい人のためのBluesharp Workshop」のスケジュール
☆堺市サムズレコードレッドハウス
開催日:3/6日曜日 14時〜16時(終了後、銭湯で懇親会を行います)
参加費:1500円 KeyAハープと録音機持参
アクセス:http://dp00004927.shop-pro.jp/?mode=f3
☆箕面橋本亭にて
開催日:3/13日曜日 夕方6時30分〜9時
参加費:1500円 KeyCハープと録音機持参
アクセス:http://hashimototei.minoh.net/
◆では、今からサイクリング&スロージョギングに出かけます。
 家に帰ってからおふくろと大阪城公園へ観梅に行ってきます。 
レッドハウス講座.jpg
posted by マッドハープ at 05:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする