2016年07月03日

あの頃のまま/ハートが強い/コピーはパロディー?

みなさん、おはようございます。
F.I.H.と中華三番ライブから約一ヶ月が経ち
すっかり興奮も覚めてライブからも遠ざかり
無名の現場作業員としての日々を過ごしております。
◆最近、妹尾隆一郎師匠が桑名正博さんのバッキングを昔やっていたことを思い出して
動画を検索していると
桑名正博さんにハマってしまいました。(こんなにカッチョエエ人やったんや〜)
「あの頃のまま」という曲の歌詞にちょっとセンチな気分になりました。
☆「人は自分を生きてゆくのだから」ちゅうところに泣けました〜
◆桑名正博&桑名晴子『あの頃のまま』
https://www.youtube.com/watch?v=rKxEpDUE2lM
桑名正博/そこからがパラダイス
https://www.youtube.com/watch?v=2zJ6U6bJMUQ
先月のハウリンバーセッションに参加されたハーピストから
「音を聴くと ああ 妹尾さんだと分かります。
先日 ライブ&セッションに参加しましたが
説得力ありますし、リズムはいいし、なによりハ−トが強いです」
との感想がありました。
◆「なによりハートが強い」という言葉が私の胸に突き刺さりました。
それで朝から読書をしてたら下記の文章に出会いました。
「結局のところ、次のような話になる。
 あなたは、自分のために食卓を整え、自分のためにロウソクに火を灯し
 くつろいだ気分で食卓につき、誰の来訪を期待することなく
 自分の喜びのために紅茶を飲み始めるのだ。
 たぶん移り気なミューズ神は、あなたのそんな態度に刺激されるのだろう。
 そこで彼女は姿を現し、あなたのお茶会に同席する。
 これが秘密のすべてである。
  トランサーフィン:願望実現の法則より」
◆コピーをするということについて下記のような事を書いてました。
 実存するスターの仮面をあなたが被ってもそれはコピーかパロディーだ。
 他人を真似ても、スターになれないのだ。
 あなたが誰かを模倣するという無益な試みをやめたら、すべてはうまくいく。
 他人のシナリオを追いかけるという無益な試みをやめたら、やはりすべてうまくいく。
 自分の個性の素晴らしさをあなた自身が認めるようになったら
 他人もそれを認めないわけにはいかなくなるだろう。
 思い切って自分の素晴らしさを所有しようとしてみよう!
◆ちなみにパクリには独自性が無く、面白おかしくアレンジしていればパロディー
作品に対して尊敬や賛辞を持って作られてある個人のコンセプトが入っているものを
オマージュと言うそうです。
◆MHKの場合、何も考えてないが迷ってきました。
 いまでも迷ってます。
 それが「ハートの弱さであります」
 でも無益な試みをやります。
 すべてがうまくいくなどとみみっちいことは考えず(結局、考えるけど)
 認められても認められなくても
 自分の喜びと、移り気なミューズ神の喜びのためにやっていきます。
 「人は自分を生きてゆくのだから〜」
(やっぱり、今朝のブログはセンチでっしゃろ〜)
◆では、そろそろ最明寺滝までサイクリング&スロージョギングに出かけます。
 そして
 ある方から「お孫さんと沢蟹を捕まえに行きたいので場所を探しといてくれ」と言われたので
 沢蟹が生息しているか確認してきます。
 もちろん、ブルースハープをポケットに入れて・・・
 では、みなさん自分の人生を生きてくださいませ。
◆追記:センチな気分になれる曲です。
Jerry portnoy-sentimental journey
(KeyAのブルースハープでコピーできます)
https://www.youtube.com/watch?v=n7iK06A8pOA
posted by マッドハープ at 05:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする