2016年09月25日

マギーおがた君とHao君のエピソード/さわがに獲り

みなさん、おはようございま〜す。
◆今朝の記事は
来月10月9日(日曜日)シカゴロックにて
対バンライブのお声をかけていただいたマギーおがた君と
来年4月15日(土)これまたシカゴロックにて
山田とも氏との東西バトル?ライブを企画してくれたHao君との
思い出すエピソード(逸話)を書いていきます。
(わたくし、年月日を正確に記憶してるタイプではないのではっきりとした日時は省略します)
◆マギーおがた君のことを知ったのは10年以上前になると思います。
 当時、サニーボーイT世の曲をライブでやってるダウンホームハーピストが関西に居ることを知り
 まず動画でマギーおがた君を見ました。
 デュオでグッドモーニングスクールガールをカヴァーしていたのですが
 甲高くねちっこいボーカルとカントリー臭タップリの生ハープは衝撃的でした。
 当時から(今でも)サニーボーイT世やスヌーキープライヤーといった
 クラシック&ダウンホームハーピストの曲を演奏してる人はおらず
 孤独感&疎外感タップリのブルースハーモニカ人生を過ごしておりました。
 (そんな中、唯一の理解者が元サムズレコードの小川豊光君でした。
 彼は出会った当時、サニーボーイT世スタイルの素晴らしいハープを吹いてました)
 しかし、同じ関西に住みながらすぐに出会うことはなく
 数年後、芦屋でパチパチブギーズライブをやったときにヤブシタさんと来てくれました。
 もちろんその時飛び入りで吹いてもらいましたが
 関西芸人風のサービス精神にあふれたパフォーマンスを見て
 おちゃらけた人なのかな?と最初の10分ぐらい思いましたが
 すぐに照れ隠しのためにそうなってしまう人だとわかりました。
 それから、会う機会が増えたわけでもなく数年が過ぎました。
◆数年後、伊丹でブルースハーモニカ同好会をやっていたとき
 自転車で遊びに来てくれてわりと近所に住んでいることがわかりました。
 同好会の後、お茶を飲みに行くと素のおがた君はやはり生真面目で人に気配りできる
 常識人&まっとうな社会人であることがわかりました。
 やはりステージパフォーマンスは照れ隠しだったのです。
 (普段はとても地味な人なんで親近感を覚えました)
◆それから、数年後わたくしは教えることもライブ活動も嫌になってきたので
 いつものように活動休止状態になっていきました。
 そんな日々を過ごしていると
 ある日、おがた君から
 「個人レッスンやってもらえませんか?ファーストポジション専門でお願いします」
 という連絡があり
 人生初の個人レッスンを始めました。
 それがキッカケでトラストマイベイビー等をもう一度コピーやり直しました。
 おたがいに完コピを目指してやるガチンコ稽古は
 わたくしのモチベーションを復活させてくれました。
◆付き合えば、付き合うほど真面目な努力家とわかり
 わたくしより真面目にBLUESを聞き込み
 もっとうまくなろうとしておられます。
 その他の活動として数年前、神戸マラソンを完走!
 (最近、マラソンから散歩に切り替えたわたしとはえらい違いですわ〜)
◆尚、わたくしが転職をしたのとおがた君も多忙になったので個人レッスンは自然消滅となりました。
 しかし、多忙な中、ライブには来てくれる義理と人情の男です。
◆WABIさんライブのW司会でも気配りができないMHKのフォローを見事にしてくれました。
 マギーおがた君、これからもよろしくお願いいたします。
◆Hao君と知り合ったのは8年ぐらい前です。
 当時、Zenさんがバックアップしてくれて
 宝塚のオンリーワンというお店でブルースハーモニカ講座を始めた時
 参加者として来てくれました。
 四条畷から原動機付自転車できたという話を聞いて
 熱心な変わり者も居てるなぁ〜と思ってました。
◆初めての東京遠征、新宿ジップジャックでライブを行った際
知り合ったばかりのHao君がお店に現れて
思わず「なんで、おんねん?」と聞くと
「気になったんで車で大阪から車で来ました〜」
その時、やっぱり熱心な変わり者やな〜と思いました。
◆その後、オンリーワンの講座も参加者が増えずに閉鎖。
 伊丹のサロンデサンスイというお店に場所を変えて講座を続けましたが
 また参加者が増えずに閉鎖。
 そんな状況の中Hao君は、時間があるときは四条畷からお店に来てくれました。
◆それから、またわたくしは教えることもライブ活動も嫌になってきたのですが
 Hao君が「萱島や牧野でライブができる店があります。僕が企画しますので出演しませんか?」
 と声をかけてくれました。
 というわけで萱島アナンカフェや牧野ムーンシャンに出演することになったのであります。
◆それとHao君は数年前、教則CDを制作する際もスタジオや自宅で録音作業&編集作業まで
 ボランティアで協力してくれました。
◆最近、ブルースハーモニカ教室も始められました。
 くわしくは下記をクリック、ブログをご覧ください。 
 http://blog.zaq.ne.jp/harpsoul/
◆こうしてエピソードを書いていると
 モチベーションが下がる、やる気がなくなる周期があって
 その都度、マギーおがた君、Hao君には
(もちろん南部君大野木氏アカリさん岡部君TAKAGIMANや弟子?お店の人、世間のみなさんのおかげです)
 これまでずいぶんと助けてももらったなぁ〜と
 思った次第であります。
 〜あらためてHao君ありがとうございます〜
◆本日は、前の職場の上司とそのお孫さんを連れて
 最明寺滝付近でさわがに獲りに行ってきます。
 では、そろそろ出かけます。
 〜子供のえがおを見て元気をもらってきます〜
◆Blues&Live Bar LOOSEにて
加藤南部スタイル+岡部KINGライブ/2016.9.17(sat)
photo by Hao君
◆Sonny Boy Williamson I`m A Lonely Man
https://www.youtube.com/watch?v=6EiqNjdBkdo
img20160918182329751.jpg
posted by マッドハープ at 05:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

11月26日生まれの人/練習時間/ヒマな人生を創る

みなさん、こんばんはー
世間では3連休ということですが
わたくしの職場は元旦のみ完全休業です。
(休みは週1回公休日をとってます)
ということで
本日も元気に現場で作業をしてました〜。

◆話が変わって
 土曜日、LOOSEの世間話からです。
 お店に来てくれた
 TAKAGIMANくんが
「MHKさん11月26日のバースデーライブはどんな感じでやりますん?
 実は、うちのオヤジも同じ誕生日ですわ〜」
(ちなみに他に11月26日生まれの人にはカルーセル麻紀さんがいます)
「へぇ、そうかいな〜
 ライブは吹き語りで始めて、それからデュオ、トリオで第1部終了
 第2部からドラムを入れて4人でやる感じやな〜」
「わかりました。ほなブラシでやります」
◆バースデーライブはシカゴロックから要望があったわけでもありません。
 今年の11月26日がたまたま土曜日ということで
 お店に電話したらスケジュールが空いていたというだけです。
◆ たぶん当日、下記のような会話があると思います。
 TAKAGIMANから「バースデーライブやけどやっぱりお客さん来ませんね〜」
 するとアカリさんが「こんな日もありますよ加藤さん、気にせんとボチボチ始めましょう〜」
 その会話を聞いた南部くん「へぇへぇへぇ」と苦笑い。
◆話がまた変わります。
 昨日、個人ブルースハープワークショップを堺の某公園駐車場で行ってました。
 仕事が忙しくて練習時間がなく
 家で吹いたら家族からうるさがられるとのお悩みをお聞きしましたので
 「わたしの家族もブルースハープに興味がなくうるさがられるので
 練習時間は毎日早朝4時過ぎから散歩に出かけてウォークマンを聞きながらコピーしてます」
 というアドバイスというか会話をしてました。
◆MHKも昼間は仕事をしてますので練習時間はそれ以外に作らなくてはあきません。
 そのためにヒマな人生を創るのです。
 また、明日も早朝から散歩に出かけてコピーをします。
 雨天中止はありません。
 傘をさして長靴を履いて歩きます。
◆涙くんさよなら - 坂本九
https://www.youtube.com/watch?v=X3U_gCgTHMU
MHKはBLUESをコピーした後、坂本 九を聞きます。
posted by マッドハープ at 20:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

えがおとなかよし/しあわせ

みなさん、おはようございま〜す!
昨夜は、庄内Blues&LiveBar LOOSEさんで
加藤南部スタイル+岡部KINGのライブを行ってきました。
◆ライブでの出来事を報告する前に
 火曜日の出来事です。
 仕事帰りにディスカウントストア・ジャパンで
 キンカンと目薬を買いに行きました。
 レジに並んでいる時
 幼稚園くらいの女児とお母さんが
 わたくしの前に居ました。
 何気なく女児のTシャツの柄を見ると
 表に「えがお」裏に「なかよし」とプリントされてました。
 その時なぜかウルウルときました。
 そしてライブも「えがおとなかよし」をモットーにやろうと決意したのであります。
◆ライブでの出来事を報告する前に
 しあわせになるためのウサンクサイお話を書いておきます。
その1.人生があなたの前に置いてくるひとや出来事を批判したり非難したりせず
    いずれも生命/人生の可能性や約束や目的を満足させるために
    あなたが、あなた自身が引き寄せたのだと充分に認識しなさい。
その2.幸福を得たいと思ったら
    いますぐに期待を捨て、誰についても何に対しても二度と期待などしないこと
    物事がこう「あるべき」だという考え方は忘れる。
    「あるべき」だなんてことは、宇宙にはいっさいない。
    「あるべき」というのは人間がでっちあげたもので、究極の現実とは何の関係もない。
    期待が完璧そのものの創造を妨害する。
    だから何も期待せず、何でも受け入れること
    現れるものは何でも抱きとめること。そして愛すること。
    つまり「あるがままを愛する」こと。
その3.自分自身を慈しむこと
    どんなネガティブな経験をしていても自分が「いけない」と責めたりせず
    自分自身を慈しみ、いまのあなたは過去のあなたと違う
    昨日のあなたとも、一瞬前のあなたとさえ違うことをいつも忘れない。
    新しい一日、新しい時間、新しい瞬間をすべての始まりにすること。
その4.真実を話する。
    何ついても誰に対しても真実を話しなさい。
    それから、日々、一瞬一瞬にその真実を生きなさい。
    そうすれば、あなたはいつまでも幸せな心でいられる。
    真実は霊(スピリット)を高め、精神を自由にし、心を開き、情熱をかきたて
    魂の愛を放出するからだ。
その5.ほんとうにひどい状態のときに祈る。
    神サマ〜今日は自分の世界と人生のいろいろなことについて感謝いたします。
    苦しみは喜びに、悲しみはうれしさに
    そして死さえも永遠の生命に変わるだろうと知っていますから
    わたしは安らかで〜す。
    神サマ〜この問題がわたしのために解決されてることを理解させてくださって
    ありがとうございま酢!(誤字ではありません意識的に酢を使いました)
◆以上です。
 文字を入力しながら、早朝、釣りに行くときにラジオから流れてくる。 
 宗教の番組を思い出しました。
◆さて、ライブの出来事ですが
 リハ中に岡部くんのギターが故障して(弦を固定してるピンが緩んだ?)
 店にあった瞬間接着剤で応急修理しました。
 どっちがリフを弾くか決めていたのですが
 繊細に確実に弾く南部くんと
 ラフにビートを出す岡部くんのスタイルが対照的でした。
◆本番が始まって黙々とウォーキングベースを弾く南部君
 アコギなのに乗ってくると客前でソロを弾きまくる岡部君でした。
 第1部のラスト曲(JUST YOUR FOOL日本語版)始めようとしたら
 岡部君から「まだやるんですか?トイレに行きたいんですけど・・・あのビールを飲みすぎたんで」
 との申し出がありました。
 第2部がスタートして
 お店にに現れたササキサトコさんを
 いきなりステージに引っ張ってソロを吹いてもらいました。
(サトコさんは、オーダーを注文する前でした。スイマセン)
 TAKAGIMAN君も途中から義理堅くお店に来てくれました。
(実は、来てくれないのかなぁ〜とチトいじけてました)
知り合いで最初から来てくれたのがHao君、ウメちゃんの二人だけでした。
あとは、初対面のお客様が5人ぐらいでしたが
その割にチップがはずんだので喜んでいただけたようです。
◆帰り際に、次回の出演を頼まれたので
 来年の2月頃、加藤南部スタイル+岡部KINGでまたやります。
◆昨夜、ライブに来ていただいたお客様
 LOOSEの田中さん2名のカウンターレディ様
 本当にありがとうございました。
◆次のライブは 
☆10/9日曜日 シカゴロックhttp://chicagorock.sakura.ne.jp/
マギーおがた&フェイス金岡vs加藤南部スタイルです。
当然、DOWN HOME BLUESHARPマニア向けのライブになります。
「いますぐに期待を捨て、誰についても何に対しても二度と期待などしないこと」を肝に銘じて
集客が少ないこと、これからも増えないことを覚悟してやります。
◆いろんな人間がいていろんな音楽アプローチがあります。
音楽を演奏したり見たり聞いたりしながら
みんなが「えがおでなかよく」しあわせに暮らしてほしいと
 MHKは地味に暮らしながら願っております。
★尚、本日は神戸ジェイムズでTAKAGIMAN君主催のBLUES BEFORE SUNRISE行われます。
その他、明日もBLUESライブが連休中に行われます。
みなさん、チェックして出かけてくださいませ〜
DSC_8810.JPGIMG_3031.jpg IMG_3033.jpg
posted by マッドハープ at 05:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする