2016年11月06日

Bluesharpの奏法探究/小出 斉&大野木一彦LIVE

みなさん、おはようございます。
昨夜は萱島アナンカフェさんでBluesharp-Workshopを行ってきました。
◆たぶん兼田君は道に迷うと思ったので
 夜7時に京阪萱島駅で待ち合わせをしました。
 無事に合流できて
 ブラブラ歩きながらアナンカフェまで行く途中に
 年齢や出身地、音楽経歴などの世間話をしてました。
◆「ところで、いつ帰るん?」と聞くと
 「明日、仕事なもんですぐに帰ります」との返事
 ブルースハープ・ワークショップに参加するためだけに来てくれたことがわかると
 あらためてその熱意に感動しました。
◆兼田君の熱意に応えようとして
かなり舞い上がってしまい
ミストーンが多い模範演奏になってしまいました。
しかし
自分のやってきたことを
学びたいという人が
日本のどこかに居ると言う希望が持てました。
これからは
真面目にBluesharpの奏法探究と発表を行います。
人の集まる人数より(でもできれば多いほうが嬉しいなぁ〜)
まず正直に自分の経験をしゃべること
それが
みなさんのお役に立てれば幸いです。
◆Bluesharp-Workshopが夜11時前に終了した後
 南部君が
「僕、前に作った加藤さんの教則CD1枚持ってるから
 兼田君にプレゼントしはったらどうですか?
 僕が持ってても意味ないし〜」
とボソッと言ったので
全国、いや世界で1枚しか残っていないMHKの教則CDを差し上げました。
それから、ウダウダ世間話をしていたら
兼田君と加藤君の終電が間に合わなくなってきたので
車で二人を大阪市内まで送っていきました。
加藤君は本町で降ろして
兼田君は友人と待ち合わせをしている心斎橋まで送っていったのですが
友人がまだ来ていなかったので
再度、車内でバンプ、ベースライン、ウォルターズブギなどを収録しました。
キチンと吹けたので自己満足をして兼田君と別れました。
その帰りにシカゴロックに寄ってバースデーライブのチラシを預かって家に帰りました。
◆加藤夫妻、井上夫妻、加藤君、あめるさん、1960年生まれの男性客さま
 東京から参加してくれた兼田君
 オーナーの渡島さん。
 本当にありがとうございました。
 ギター伴奏の南部君
 お疲れ様でした。
◆おすすめライブ情報です。
小出 斉&大野木一彦LIVE
☆12/14(水)大阪シカゴロックhttp://chicagorock.sakura.ne.jp/
メンバー
小出斉(G,Vo)from 東京 大野木一彦(Hca)、ヨシ水野(G)、TAKAGIMAN(Ds)
☆12/15(木)京都cafe一期一会
メンバー
小出斉(G,Vo)from 東京 大野木一彦(Hca)
上京区老松町103 ハイムマサ1F
075-461-0080
http://cafeichigoichiekyoto.web.fc2.com/
◆まだ来月のライブですが
昨日のお客様からシフト制で休みを1ヵ月前に提出しなければならないので
情報はそれまでに載せて欲しいとの要望がありました。
(日程が近づけばまた載せます)
◆では今からスロージョギングに出かけます。
 コピーする曲は
Sonny Boy WilliamsonU- Harmonica Blues
(Sonny Boy WilliamsonU世のバンプをコピーするのは至難のワザです)
https://www.youtube.com/watch?v=dnnczmlgS30
received_562063277338118.jpegreceived_562063274004785.jpegreceived_562063010671478.jpegreceived_562062507338195.jpeg
posted by マッドハープ at 06:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

熱意に応える/アナンカフェBluesharp-Workshop

今週11/5(土)アナンカフェBluesharp-Workshop&Liveには
ほんとうに東京から兼田くんが参加してくれることになりました。
そこで心を入れ替えて
彼の熱意に応える内容のBluesharp-Workshopを行う決意をしました。
◆彼はタングブロック奏法を学びたいというので
今回は初心者向けでなく
BLUESを吹きたい中級者向けの内容をやります。
とはいえ、バンプやベースラインなど
タングブロック奏法の基礎をわかりやすくしゃべりますので
初心者の方でも今後のブルースハープ人生に役立つ?と思います。
◆前の記事で
「行けたら行くわ」などという自虐的なことを書いて深く反省しております。
◆11/5土曜日 アナンカフェ(完全生音)
Bluesharp-Workshop+加藤南部スタイルライブ
KeyCとKeyAの10穴ハーモニカ・録音機を持参して下さい。
http://tabelog.com/osaka/A2707/A270702/27065263/
チャージ:投げ銭 夜8時から
夜7時頃から雑談を開始します。
DSC_8810.JPGDSC_8796.JPG
posted by マッドハープ at 21:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする