2016年12月25日

MHK2017年1月&2月のスケジュール/求めるべき目標

メリークリスマス!
みなさん、おはようございます。
サンタさんからのプレゼントが届きました。
◆〜スーフィズムの求めるべき目標について〜
☆通常、私たちの精神はまったくの物質的関心やさまざまの感情
愛・憎しみ・喜び・苦しみ・恐怖・疑惑・不満などによって完全に寄生されている。
これらは私たちの行動範囲を制約する大きな障害となる。
私たちは相当の力と苦しみをもって数多くの試練を経ることで自分の精神を改革し
もはや物事に執着することがないようにならなければならない。
しかし、修行によって少しずつ救いが生み出される。
人はより平静に、より思慮深くなる。
精神の和らぎが彼をよりいっそう温和にする。

例えば、道の人は死の恐怖から解放されているが
理性の中に生きている人にとっては、それは一つの強迫観念である。
彼はそのような解放は、身体も魂も消滅することであると考えるが故に
まったく夢想だにできないのである。
修行者にとっては、死は重大な問題というイメージではなくなり
連続する霊的道程の一つの通過点にしかすぎなくなる。
むしろ死は「求めるべき目標」なのである。
預言者は言っている「死ぬ前に死ね」と
「死の前の死」とは、自我の強迫観念、私たちを虜にするあの限定的思考がすべて消滅することを意味する。
この解放である死によって私たちは「第二の生」を生きることができるのであり
それによって私たちは普遍的(広く行き渡るさま。極めて多くの物事にあてはまるさま)なもの
永遠なものへと開かれる。
死は、私たちたちがすべてがもっている「あの可能性」に私たちを近づけるのである。
すなわち、その可能性とは、私たちの合理性や知性によって限定され閉ざされた世界を出て
すべてのものの中に顕現している霊、現在する永遠、生きている永遠に到達する可能性のことである。
私たちは価値、尺度、等級を変えるのである。
私たちは今までのとは異なる水準で、ものを感知するのである。

その際、忘れてはならないことは、私たちが内的に経験していることは
まだ自己と言う限界の虜になっている同胞たちの生活と無関係ではありえないということである。
そこで私たちは二重の言語、二重の思考を採用しなければならない。
同じ境地に達した人とは私たちは対話できる。
というのは、彼らは同じ波長をもっているからである。
しかし、この内的境地に達しておらず、物事を同じように思考せず、同じように見ない人に
同じように語る罪を犯してはならない。
そうすることは、彼を混乱させ、恐怖に陥れる(おとしいれる)だけだからである。

◆以上です。
「同じように見ない人に同じように語る罪を犯してはならない」ちゅうことは
ダウンホームなブルースハープを吹きたくない人に
その魅力を語ると混乱させ恐怖に陥れるだけなんでしょうかねぇ〜
ということで
求めるべき目標が同じの人にスーフィズムの原理を応用して
 来年からブルースハープ・ワークショップでその魅力とコツをしゃべります。
 来年は「求めるべき目標」が同じ人ともっと出会っていきたいです。
 でも、「そんな奴はおらんやろ〜」という世間の声が
 今、聞こえました。
◆話題が変わって
 MHK2017年1月&2月のスケジュールです。
★1/8(日)大阪シカゴロックhttp://chicagorock.sakura.ne.jp/
 加藤南部スタイル+大野木一彦&中村藍子ライブ!
 チャージ1,500円 夜8時から
 メンバー
 マッドハープ加藤(Vo.Hca)大野木一彦(Vo.Hca)南部光隆(G)中村藍子(Ds)
(ほとんど4人で演奏します。新春からアットホームでダウンホームなムードでやります)
★コジマクニミツ・プロデュース
〜マッドハープ加藤 Down Home Trip Tokyo 2017 BB三部作〜
新年2017年 1月28日土曜日
@東京・中野 - Bright Brown -
http://www011.upp.so-net.ne.jp/nakano-BB/
OPEN 18時 START 19時  ライブチャージ:2000en
『一部:バンドスタイル編』
with
Gt: 加藤ツヨシ
Ba:小山田トモキ
Dr: 加賀美タダシ
『二部:ツイン・ハーモニカ編』
with
Harmonica:今野晶
『三部:バンドスタイル〜マッドJAM編』
with
Gt: 加藤ツヨシ
Ba:小山田トモキ
Dr: 加賀美タダシ
and Harmonica:今野晶
〜マッドJAM:All People 参加フリー!!
☆aboutマッドハープ加藤
Kojima Enterprise所属。1960年11月26日(いい風呂の日)大阪ミナミ生まれ。
1980年ハーモニカを手にする。活動拠点を大阪のBlues Bar シカゴロックに置く、
芸歴30年、こよなく銭湯を愛する生粋のブルース・ダウンホーマー。
ハーモニカ講座においては後世のハーモニカ吹きに、独自の理論・手法を伝授。
近年では、自主制作盤『Southern Rocker』をリリース。
FIHハーモニカコンテスト2016 ゲスト参加。
加藤南部スタイルでのデュオライブ活動。等々、絶賛現役活動中。
追記:自主制作盤『Southern Rocker』は完売廃盤です。追加リリースなし!!!
★2/18(土)庄内Blues Bar LOOSE
加藤南部スタイル+岡部キング(ボーカル・アコギ)完全生音ライブ!
チャージ:チップ制 夜8時から
https://www.facebook.com/shonai.loose/
◆最後に、堺サムズ・レッドハウスにて
 2017年1月22日(日)昼2時〜4時
 「BLUESを楽しく吹こう!」
 MAD HARP KATOのBLUES HARP WORKSHOPを開催します。
 KeyCのブルースハープと録音機持参。
http://dp00004927.shop-pro.jp/?mode=f3
☆毎回、ワンコーラスBLUESフレーズを考えて作ります。
 その曲を吹きながら説明して各自にアドバイスします。
☆参加費1500円、見学者付添人は無料です。
☆Home Sickコウイチ氏の生伴奏で行います。
☆終了後、銭湯で懇親会を行います。(参加自由、銭湯代各自負担)
(サッパリした後、わたくしはふたたび店に戻り夕方5時からの魚料理イベントに参加します)
◆マッドハープ加藤 Down Home Trip Tokyo 2017 BB三部作のフライヤーは
 下記をクリックして下さい。
madharp2.pdf
◆では、そろそろスロージョギングに出かけます。
 走りながらコピーする曲は
 PaPa Lightfoot - Jump The Boogie
 https://www.youtube.com/watch?v=kNk4syu0vRI 
 家に帰ってから年末の大掃除です。
 みなさん楽しいクリスマスをお過ごしください。
MHK2016-1.png120427_1520~01.jpgIMG_0242.PNGIMG_3557.JPG
posted by マッドハープ at 05:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする