2017年01月03日

創造活動&呼吸/人間に息を吹き込んでいる

みなさん、おはようございます。
おかげさまで
散歩と思索に耽りながら
お正月休みをを楽しんでおります。
ちなみに
歩くことと考えることは非常に関係が深いそうです。
(多くの哲学者や思想家は散歩をしながら思索をしていたそうです)
むずかしいことはわかりませんが
MHKにとって歩くこと思索することは
お金がかからずに気分転換できることなのです。
◆ここから少し初釣りの釣果をお知らせします。
 昼の2時半ごろから夕方4時半まで
 いつものように穴釣りをしてきました。
 
魚が居そうな深いテトラ(穴)に仕掛けを入れてアタリを待つ作業を行うのですが
 反応はなくあきらめかけた頃にアタリがありヒットしました。
 釣り上がったのは5p級のガシラちゃん
 (リリースサイズですがその後釣れそうな気がしなかったのですが
 ガシラちゃんにあやまりながらクラーへ入れました)
 その後、双子のような5p級のガシラちゃんが釣れました。
 時間がなくなってきたので
 残ったシラサエビを穴に投入しながら粘ると
 兄貴のような10p級のガシラとソイが釣れました。
 以上、4匹の釣果でした。
 
 家に持って帰るとカニ鍋をやっていたので
 釣った魚を鍋に放り込もうとしたら
「味が変わるやんか!気持ち悪いし!別の小鍋で食べて!」
 ということになりましたが
 カニと野菜をわけてもらって豪勢な味噌汁にしていただきました。
 (初風呂のほうは泉大津の浜之湯へ行ってきました)
◆ここからまた話題が変わります。
 「創造活動&呼吸」について
昨日に引き続き、詩人ルーミーの言葉からです。
☆スーフィーの教えでは、私たちの創造活動には
 深い根源からくる鼓動と意識の流れがあることを示唆しています。
 すべての伝統は「呼吸」と密接に結びついた絶え間ない潮の満ち干なのだとわかります。
 私たちは自己の内に流れる潮流とのつながりを自覚したときこの世界全体とつながるのです。
 
 呼吸法は、一見すると簡単そうに感じられます。
 それは私たちが呼吸に対して静かに注意を向けることなのです。
 しかし、呼吸をコントロールしようとするのではなく
 呼吸自体が最も自然にリラックスしている状態を、ただ観察することが重要です。
 
 息を吐くたびに私たちはすべての執着
 心の痛み、ノイローゼ、妄想、強迫観念が心の内から外へ排出されるのを目撃するはずです。
 それらは、分離という空疎な意識を維持しようと「幻の私」が用いた策略です。
 このように息を吐いて出していくことは「浄化」として感じられます。
 それはまず、最も極端な感情の浄化から始まり神経ルートを通じて流れ
 心を清め、最終的に左の鼻孔から流れ出ます。
 心を静めて集中すれば、この流れと同化することができます。
 また、息を吸うことによって、右の鼻孔から輝きに満ちた「息吹」が入り
 それが最初に眉間の中心に神秘的な色となって広がり
 続いて頭上にある光の王冠に届き、その気の流れが最終的には胸の中心にある座に落ち着きます。
 この一連の思考パターンを「神だけが真実」と呼ぶのです。

☆キリスト教徒でもない ユダヤ教徒でもない
 イスラム教徒でもない ヒンドゥー教徒でもない
 スーフィーでない 仏教徒でない 禅修行者でない
 どの宗教にも属していない
 どの文化にも属していない
 東から来たのでもない
 西から来たのでもない
 海から来たのではない
 大地から生まれたのではない
 自然界から来たのではない
 天界から来たのではない
 どんな要素からも構成されていない
 「私は 何者でもない」 
 この世のものでもない あの世のものでもない
 アダムとイブのような太古から来たものでもない
 独自の物語を生きるものでもない
 私の居場所は定まらない 私は跡を残すことはない
 私は体ではない 魂ではない
 「私は 愛する方のなかにいる」
 ふたつに見えて世界はひとつ
 始めもなく終わりもなく外側も内側もなくただひとつにつながり
 ただひとつの命が息づき
 「人間に息を吹き込んでいる」

◆以上です。
 「人間に息を吹き込んでいる」
 そういう意識を持つことで
 みなさんとひとつになり
 「グッとくる何か」をいつも感じられるようになるのではないか?
 と思いついた次第であります。
◆本日は今から西宮鷲林寺までマッドハープ号に乗ってサイクリング
 そこから観音山まで歩いてきます。
 帰って来たら、きな粉餅を食べて買い物に出かけます。
 そして、夕方から尼崎極楽湯に行く予定です。
◆てなわけで「創造活動&呼吸」は
 お金がなくても誰でもできることです(老若男女関係なし)
 ただ、意識を持てばできます。(できるできないでなくもともとできてるんです)
 みなさんも毎日歩いて思索してブルースハープを吹いてくださ〜い!  
posted by マッドハープ at 04:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする