2017年01月15日

中村藍子効果!/半生音ライブ!(TAKAGIMANの影響)/ハーモニカビジネス?/ルーミーの詩

みなさん、おはようございます。
お気づきになった方もおられますと思いますが
前の記事で「いいね!」が異常に増えてました。

知り合いが増えたわけでもなく
早朝散歩する生活パターンが変わったわけでもなく
思い当たるフシが何もありませんでした。
それでHao君に「いいね!が増えててメチャうれしいんやけど何でやろ?」
と問い合わせたら
「中村藍子さんがフェイスブックに載せていたからだと思います」
との答えでした。
「なるほど、せやったんか〜」とつぶやき
それを聞いて納得いたしました。

しかし、いつまでも「中村藍子効果!」に未練を持ってはいかんので
いつも通リ地道にブログ更新を続けます。
(おそらく本日のブログ記事の「いいね!」が通常のゼロから一桁に戻ると思います)
◆ここから話題が変わります。
おかげさまでライブ活動やブルースハーモニカ・ワークショップも長年続けてますが
「これからもお客様や参加者は増えないんやろなぁ〜」
中村藍子効果がなくなっていくことを肌身に感じながら目が覚めると
なぜか「ハーモニカビジネス」という言葉が頭に浮かびました。
それで、調べていたら
優勝してもCDが売れない、客が入らない状況に苦悩する
ハーモニカ世界チャンピオンの掴んだプロ意識について書いてました。
プロとアマの境目がはっきりしないこと生活が変わらないことなど
同じようなことを考えておられるのだと(ただしMHKは無冠です)
思いました。
◆記事に
「いったい、どこからがプロなんだろう?」
 悩ましかった問いの答えが、少しずつ見えてきた。
「意識しているのは、どうすれば聴く人を楽しませられるか?ということ。
  結局は、それがプロとアマを分ける境界線なのかなという気がしています」
と書いてましたが
MHKは自意識過剰なので聞く人を楽しませるか?にしばられて楽しませられない。
というパラドックスに陥りますので
プロとアマの境界線を越えたアホ意識でやります。
◆それと昨夜「Down Home Trip Tokyo 2017 BB三部作」の選曲を決めました。
何を演奏するか?は秘密です。(来た人にしかワカラナーイ)
◆ここから、ライブ情報とブルース・ハーモニカワークショップ情報です。
 (一部、記事に手を加えました)
まず、堺サムズ・レッドハウスにて
 2017年1月22日(日)昼2時〜4時
 「BLUESを楽しく吹こう!」
 MAD HARP KATOのBLUES HARP WORKSHOPを開催します。
 KeyCのブルースハープと録音機持参。
http://dp00004927.shop-pro.jp/?mode=f3
☆毎回、ワンコーラスBLUESフレーズを考えて作ります。
 その曲を吹きながら説明して各自にアドバイスします。
☆参加費1500円、見学者付添人は無料です。
☆Home Sickコウイチ氏の生伴奏で行います。
☆終了後、銭湯で懇親会を行います。(参加自由、銭湯代各自負担)
(サッパリした後、わたくしはふたたび店に戻り夕方5時からの魚料理イベントに参加します)
☆月1回の開催予定でしたがお店の事情とMHKの事情により不定期の開催となりました。
★コジマクニミツ・プロデュース
〜マッドハープ加藤 Down Home Trip Tokyo 2017 BB三部作〜
2017年 1月28日土曜日
開催会場:東京・中野 - Bright Brown -
http://www011.upp.so-net.ne.jp/nakano-BB/
OPEN 18時 START 19時  ライブチャージ:2000en
『一部:バンドスタイル編』
with
Gt: 加藤ツヨシ
Ba:小山田トモキ
Dr: 加賀美タダシ
『二部:ツイン・ハーモニカ編』
with
Harmonica:今野晶
『三部:バンドスタイル〜マッドJAM編』
with
Gt: 加藤ツヨシ
Ba:小山田トモキ
Dr: 加賀美タダシ
and Harmonica:今野晶
〜マッドJAM:All People 参加フリー!!
☆aboutマッドハープ加藤
Kojima Enterprise所属。1960年11月26日(いい風呂の日)大阪ミナミ生まれ。
1980年ハーモニカを手にする。活動拠点を大阪のBlues Bar シカゴロックに置く、
芸歴30年、こよなく銭湯を愛する生粋のブルース・ダウンホーマー。
ハーモニカ講座においては後世のハーモニカ吹きに、独自の理論・手法を伝授。
近年では、自主制作盤『Southern Rocker』をリリース。
FIHハーモニカコンテスト2016 ゲスト参加。
加藤南部スタイルでのデュオライブ活動。等々、絶賛現役活動中。
追記:自主制作盤『Southern Rocker』は完売廃盤です。追加リリースなし!
◆マッドハープ加藤 Down Home Trip Tokyo 2017 BB三部作のフライヤーは
 下記をクリックして下さい。
madharp2.pdf
★2/18(土)庄内Blues Bar LOOSE
加藤南部スタイル+岡部キング(ボーカル・アコギ)半生音ライブ!
(TAKAGIMANの影響を受けて半生音ライブに変更しました)
チャージ:チップ制 夜8時から
https://www.facebook.com/shonai.loose/
★3/18(土)庄内Blues Bar LOOSE2周年企画ライブ!
https://www.facebook.com/shonai.loose/
大野木一彦ユニットVSタカギマンユニット
TAKAGIMANのユニット
マッドハープ加藤/harmonica,vocal
岡部キング/guitar,vocal
TAKAGIMAN/drums
江上昌伸/guitar
大野木氏のユニット
大野木一彦/harmonica,vocal
栗田寛人/guitar,vocal
松田えびす/bass
矢尾牧子/drums
★4/15(土)シカゴロック/ブルースハーモニカ交流戦
http://chicagorock.sakura.ne.jp/
山田とも&大野木一彦&マッドハープ加藤with南部藍子ライブ!
メンバー
山田とも・大野木一彦・マッドハープ加藤・南部光隆・中村藍子
チャージ 2,000円 夜8時から
◆ここから、話題がまた変わります。
自意識過剰なMHKがグッときたルーミーの詩です。

☆私は尊敬します
 自分から一切の偽りを取り除こうとする人
 自分を無にして自分のなかに
 純粋な存在だけを保ち続けようとする
 人びとを尊敬します。

☆霊的成長の過程にも冷やかし客がいる
その気もないのに「それはお幾ら?」と訊く
そして「いやちょっと見てるだけ・・・」と言う
彼らは百もの商品を手にとってはまた戻す
お金を持たない腰巾着のように
費やされるべきなのは
愛であり涙に濡れた二つの瞳なのだ
しかし 冷やかし客は店に迷い込むと
人生のすべてを瞬く間に無駄に費やしてしまうのだ。

どこに行った?
どこにも行かなかった
なにか食べ物はあった?
たいしてなかった

自分が何を欲しいのかわからなくても
何かを買いなさい
誰かと交換できるようなひとになりなさい

他人がきみをどう思おうと
気にすることは
まったくないのだ

◆以上です。
みなさん、冷やかし客はダメです。
人生のすべてを瞬く間に無駄に費やしてしまいまっせ〜
冷やかし客でなく
ブルース・ハーモニカに取り組みましょう!
誰かと音を交換できるようなひとになりましょう!
◆写真撮影:コジマクニミツ
MHK2016-1.png
posted by マッドハープ at 05:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする