2017年04月23日

カトウズライブ!ダウンホームブルースの闇夜!/自由度を享受する

みなさん、おはようございます。
◆「ブルースハーモニカかクロマチックハーモニカを吹くか?」
これは「使用目的」(どういう音楽を吹きたいか)によって選択してください。
クロマチックハーモニカの方が演奏の自由度は高い(音階が全て吹ける)
自由度が低いのでブルースハーモニカの方が難しいと言えるかもしれないが
高い自由度を享受するためにはクロマチックハーモニカの方が難しいか?(MHKは断念した)
パッカー奏法・タンブロック奏法があるが、この選択も使用目的によります。
まぁブルースハーモニカでもクロマチックハーモニカでも自由度を享受(受け入れ楽しむ)することは
難しいのであります。
ですから
思うように吹けないことを飽きない人はブルースハーモニカを続けられます。
思うように吹けないことに飽きる人はブルースハーモニカから離れます。
MHKはもちろん思うように吹けないことを飽きない人です。
思うようにならないことは普通(大多数の人)イライラして楽しくないですから
ブルースハーモニカを続ける人が少ないのは自然の摂理?です。

◆キューバのミュージシャン、コンパイ・セグンドについて書かれていた文章です。
☆人生って、先が見えないから楽しいんだ。
 先が見えないからドキドキするんだ。
 人生って、うまくいかないから面白いんだ。
 思うようにいかないから飽きないんです。
☆10代の頃から歌をつくっていたがキューバ革命で政治体制が変わり
 彼の音楽は資本主義の遺物と見なされて表舞台にでることはなくなった。
 そして彼は葉巻屋で働きました。
 17年間、1日も休むことなく・・・
 しかし、その間音楽もやめなかった。
 その後、葉巻屋を辞め、彼は再び音楽に専念し表舞台に復帰したのは82歳のとき
 そしてその8年後、90歳で突然ブレイク!
☆90歳を超えてからも、コンパイは毎日2時間練習をしていた。
 90歳を超えてなお、準備して油断せずに気を配っていた。
 90歳を超えてなお、まだまだうまくなりたいと思っていたそうです。
 社会がどう変わろうと関係ない。
 そして、何に対しても悪口は言わない。
 そんな暇があるなら練習をする。
 人生は何て美しいんだ。
 とても悪口なんて言ってる暇などない。
☆朝になれば日が昇るように、春がきたら、桜が咲くように
 準備が整ったときに、必ず、君も花を咲かせます。
 だから、準備を怠ることなく、油断することなく、毎日を丁寧に過ごそう!
◆以上の文章を読んで励まされたのですが
 MHKと違うところは
 コンバイはプロとして表舞台で活動していた時期があったということです。 
 ですが彼は彼です。
 はたしてMHKは90歳でブレイクするのか?
 ローカル・アマチュア・ブルースハーピストとして地味に一生を終えるのか?
 どちらにしても
 ただ、毎日、素直に練習をして一生懸命にがんばるのです。
◆話が変わって
 先日、シカゴロックで5/3(祝)カトウズライブのチラシをいただきました。
 (いつもチラシ作成は塩山さんにお任せしております)
 今回のライブタイトルが
「ダウンホームブルースの闇夜!」となっていて
うまい具合に考えはるなぁ〜と感心しました。
◆それとカトウズ結成のいきさつです。
 数年前ブライトブラウンでライブ前にブルースハーモニカ講座を行った際
 加藤 毅君に伴奏を手伝ってもらいました。
 それがライブ本編より気持ちが良くて
 一緒にやりたいと思っていたところ
 千葉県在住のブルースハーピスト・ポギー氏から
 「千葉の富津市でライブやりませんか?」とお声がかかり
 すぐに、千葉県民、毅君とやろうと思いついたのであります。
 それから、関東ではカトウズとして何度かライブ活動をしております。
◆5/3(水曜日・祝日)大阪シカゴロック
http://chicagorock.sakura.ne.jp/
ダウンホームブルースの闇夜!カトウズ関西初ライブ!
メンバー
マッドハープ加藤/harmonica,vocal
加藤 毅/guitar,vocal
TAKAGIMAN/drums
南部光隆/guitar
ゲスト:大野木一彦/harmonica,vocal
◆Photo by Poogie
__ 4 (3).JPG__ 5 (2).JPG__ 4 (2).JPG__ 1 (2).JPG__ 2 (3).JPG__ 5 (7).JPG

posted by マッドハープ at 06:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする