2017年07月02日

MHKはパッカーリングとタングブロックの折衷(せっちゅう)型/手乞い

みなさん、おはようございます。
今年も昨日から7月に入り半年が過ぎました。
後半の半年に何が起こるのか?
いい歳をして期待に胸を膨らませております。
◆しばらくブルースハーモニカに関する記事を書いてなかったので
 わたくしのパッカーリングとタングブロックの使いわけ事情?をばらします。
☆8番・9番・10番穴の吹音ベンドはパッカーリングで吹いてます。
 1番〜6番穴の吸音ベンドはタングブロックで吹いてます。
☆あとKeyGハーモニカの1番穴はパッカーリングとの折衷型です。
 それ以外のノーマル音は全てタングブロックでプレイしております。
 ですから割り合いとすれば
 八割がタングブロック、二割がパッカーリングで吹いてます。
☆ブルースハーモニカプレイヤー以外の人はパッカーリングとタングブロックのどちらで吹いているのか?
 どっちゃでもいいことだと思いますが
 わたくのような偏屈なブルースハーモニカ吹きにとっては
 コピーをしながら「はたしてどっちで吹いてるのか?」という重大な関心事です。
◆折衷とは
 「二つ以上の事物や考え方などのそれぞれよい所を、適度に合わせて一つにすること」
◆ここから話が変わります。
☆手乞いについて
手乞いとは骨法で使われる言葉だそうです。
神々のパワーと交流し、人を癒し、同時に人を倒す事も出来る業の事を言います。
手乞いを伝える古代神道では、宇宙エネルギーを(日・霊)と呼ぶそうで
修業を重ねる事により自分の体に宿ることが出来るそうです。
◆ブルースハーモニカの修業?を積み重ねることで
 手乞いで言われてる業と同じものが自分の体に宿らないかなぁ〜
 と妄想しております。
◆こんな記事を書いていると
 家族から「宗教っぽい内容を書くのはヤメテ!!!」
 と言われそうですがまた懲りずに書いてしまいました。
◆また話が変わって、しつこくライブの日程をお知らせします。
☆7月22日(土)庄内BLues&Live Bar LOOSE
「加藤南部スタイル+岡部KINGの半生音ライブ」のフライヤーと
夜8時スタート チャージ:チップ制
https://ja-jp.facebook.com/shonai.loose/
☆8/5(土)コジマエンタープライズ企画/ブライトブラウン夏公演
「マッドハープ加藤 Down Home Trip Tokyo 2017 vol.2」のフライヤーです。
メンバー
マッドハープ加藤(Vo,h/from 大阪)
with 加藤ツヨシ(g)小山田トモキ(b)加賀美タダシ(dr)
ゲスト:佐々木サトコ(Vo.h)
オープン18時30分
スタート19時00分
※21時30分から遅くても22時00分には終了。
チャージ 1,500円(ドリンク別)
http://brightbrownnakano.wixsite.com/brightbrown
◆では、そろそろ興味がないけど選挙の投票に出かけます。
 いつも落選しそうな人に投票をします。ポテチン!!!
 その後、散歩&神社参拝をしていっぱい汗をかいてきます。
◆最近、ずっとコピーしている曲です。
 (ミシシッピ・サクスフォンとう言葉がぴったりくる演奏です)
「ああ、この猛烈なドライヴ感が自分の体に宿らないかなぁ〜」
 Papa Lightfoot - When The Saints Go Marching In
 https://www.youtube.com/watch?v=CwNU8Pmoqh4
1498200010803.jpg夏公演.jpg
posted by マッドハープ at 05:03| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする