2017年08月27日

MHK9月のライブスケジュール/老子になろう!

みなさん、おはようございます。
昨夜は、初めて十三RAIN COATでライブを行ってまいりました。
◆仕事が終わり、阪急伊丹駅に向かう途中
 「伊丹花火大会」の人混みに飲まれました。
◆自転車を押して歩きながら(交通規制が行われていた)
「こんな日にワシのライブを見に来る人がおるんやろか?」
といつものように弱気になっておりました。
◆お店に着いて、まずマスターに挨拶をしました。
 印象は、素直なオットコマエ好青年(オダギリ・ジョーに似ていた)だったので
 お店に馴染むことができました(とは言ってもいつものように人見知りをしてしまいましたが)
◆いつものように、南部くんにガッコガッコを弾いてもらいながら
 音量のバランスをチェックしてるとshosanが
 「今日はウォッシュ・ボードが合いそうにないのでブラシだけでやります」と言われ
 わたしもその方が合うと思ったので心の中にしこりを残さずに済みました。
◆集客は、まったく期待していなかったのですが
 まず女性のお客様が1人で入って来られました。
 shosanのお知り合いということでした。
(加藤南部スタイルの2人だけのライブではない状況)
 それから、女性客が何人かお見えになって
 ますます、いつもとは違う状況に緊張をしてきました。
 続いてLOOSEのライブに来てくださった男性2名があらわれて
 テルミンさん、ユカさんも数年振りに来てくれました。
 気がつくと、初対面のお客様も多数お見えになっていました。
 途中からサルハシ君、Hao君もあらわれて
 予想とは真逆の展開に驚いておりました。
◆やはり「あじまりかん」の呪文が効いたのでしょうかねぇ〜
◆昨夜は、3部構成でやりましたが
 あたたかいお客様の拍手に助けられて楽しく演奏できました。
◆相乗効果というか、テルミンさんが2部のラスト曲
「Cut That Out」の途中にカウンター席から
 MHKに襲いかかるようにしてダンスで乱入されましたので
 わたくしも対抗してケツを振り踊り吹きをしました。
◆3部の終盤で、思いつきでセッションをやりました。
 (サルハシくん、Haoくん、マスター、テルミンさんを呼んで
「スクラッチ・マイ・バック」「Have A Good Time」を演奏)
◆ラスト曲は南部君と2人で地味に「Walking By Myself」で終了。
おかげさまでアンコールもあり
 テルミンさんにパルマ(フラメンコの手拍子)で参加していただいて
 「I JUST KEEP LOVIG HER/Rocker/Evening Shuffle」を混ぜたBoogieで
 ポテチンと終わりました。
◆昨夜、RAIN COATに来ていただいたお客様。
 RAIN COATのマスターありがとうございました。
 南部くん、shosanお疲れ様でした。

◆話がここから変わります。
 今から、2500以上前、中国に老子という方が生きておられたそうです。
(実在した証拠はないそうです)
ここだけの話ですがMHKは老子のようになりたいと思っています。
では、その思想を少し紹介します。

☆最上の善とは水のようなものである。
 水はあらゆる恵みを与えて争わない。
 それは誰もが嫌う地味な場所でいつも満足している。
 このように、水は「道」に近いものである。

☆仕事が成し遂げられても、その見返りを求めることはない。
 成功しても、名声を求めることはない。
 名声を求めないから、成功はつねにそこにある。

☆人々はウキウキし、生けにえの酒宴を楽しみ、春の日に高台に登って楽しんでいるかのようだ。
 私はただ一人、ひっそりとして、何の気持ちも起こさず
 まだ笑ったことがない赤子のように。
 疲れて帰るべき家もない者のように。
 人々は、、皆、ゆとりがあるのに、私一人だけがこれらすべてを置き去りにしてきたようだ。
 私の心は愚か者の心だ。
 何も分からない。
 人々は光輝いているのに、私一人が暗くて鈍い。
 人々ははっきりして賢いのに、私一人が鈍くて大まかだ。
 何と静かなことか、穏やかな海のようだ。
 強い風が吹くように、止まることがないようだ。
 人々はすべて有能であるのに、私一人が鈍くて田舎者のようだ。
 ただ、私には他人と違っているところがある。
 「母」によって養われているのを貴ぶことである。
■解説:老子の生きていた2500年以上前も現在と同じであった。
   人々はごちそういっぱいの酒宴を開き、高台に登って楽しんでいた。
   そのような生活をするには、野心や欲望があり、強い好奇心も必要であった。
   だから、老子にとって、これらの人々は、光り輝き目的をもって生きているように
   映ったのだろう。
   それに対し、私は、目的もなく、野心も欲望もなく、なまくらで、愚かで
   暗くて鈍く、鈍くて大まか(空気が読めない)と正反対の人物である。
   しかしながら、まだ笑ったことがない赤子のように静寂で
   穏やかな海のようで静かで、何ものにも縛られず、異様で田舎者のようだというように
   他人とは違ったところをもっている。
   この私こそが老子である。
   「道」をマスターした人、得道者である。
   他人とは違って「母」すなわち太母、地母神によって養われているのを貴ぶ者である。
   一般の人々にはついていけない面も多いが、他人とは違った
   「鄙」(ひな)の「田舎者」の可能性を秘めているのだ。
   (鄙とは田舎・郊外という意味です)
◆以上です。
 読みながら2500年以上前にMHKと同じようなオッサンがおったんや!と感動しました。
 一般の人々にはついていけない面も多い、当ブログの記事だとは思いますが
 テキトーに読んで笑ってちょうだい。

◆ここからMHK9月のライブスケジュールをお知らせします。
■9/9(土曜日)シカゴロックhttp://chicagorock.sakura.ne.jp/
 出演
 HOBOぬきな&マッドハープ加藤
 マサ武田(ボーカル&ギター)
 夜8時〜 チャージ1,500円
■9/17(日曜日)神戸ジェイムズブルースランドにて行われる
「Blues Before Sunrise vol.10」に出演します。
 http://jamesbluesland.jp/
以下タイムテーブルです。
17時オープン(SE/TAKAGIMAN CDJ)
★17時20分〜17時50分
加藤南部スタイル
マッドハープ加藤/vocal,harmonica
南部光隆/guitar
★18時00分〜18時30分
岡部キング&The Soul Wrecking Crew
岡部キング/vocal,guitar 白金祐造/guitar 江上昌伸/bass 西野達弥/drums
★18時40分〜19時10分
Spoonfull Deluxe
前川カナコ/vocal ヨシ水野/guitar 脇本総一郎/bass 大森英二/drums
村地博Tenor Saxophone三木邦仁/Tenor Saxophone 南あや子/Alto Saxophone
★19時20分〜19時50分
大野木一彦ブルースバンド
大野木一彦/vocal,harmonica バッドボーイ明里/guitar ZEE/bass 橋本真司/drums
大谷朝子/key.
★20時00分〜20時30分
Angel KONY
神近まり/vocal 小野アイカ/guitar,vocal 長野紋子/bass,vocal 吉原亜矢子/drums,vocal
★20時40分〜21時10分
OSAKA ROOTS BLUES BAND
久米はるき/vocal,guitar 三木電/bass 南あや子/Alto Saxophone 前田和彦/key. 西野達弥/drums
★21時20分〜21時50分
ちひろ&タカギマン+アイパー大西
栄ちひろ/vocal,guitar TAKAGIMAN/drums,vocal アイパー大西/vocal,harmonica
☆チャージ3500円(ドリンク付き)
burubifo_チラシCS2-2 2.jpg
■翌日9/18(月・祝)は千日前アナザードリームにて行われる
「ORANGE & ONION UNION LIVE 2017 in OSAKA 」に新ユニットで出演します。    
http://www.an-dream.com/
☆HOBOぬきな&デルタスターズ(出番は18時30分から)
メンバー
HOBOぬきな(歌とギター)マッドハープ加藤(ブルースハープ)shosan(ブラシ)
◆以上です。
では、そろそろスロージョギングに出かけます。
夕方は宝乃湯の招待券があるので
2017年8月最後の日曜日を水風呂でシャキッとしめます。
◆最後にミック・ジャガーがサニー・ボーイをカヴァーしてる音源を貼っておきます。
Mick Jagger & The Red Devils Checkin' Up On My Baby
https://www.youtube.com/watch?v=s3skWNeNrXE
posted by マッドハープ at 05:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

十三RAIN COAT 加藤南部スタイル+shosanライブ/あじまりかん

明後日8/26(土)は
十三RAIN COATにて
加藤南部スタイル+shosan(ブラシ&ウォッシュボード)LIVEです。
夜8時から チャージ:投げ銭
https://bar-raincoat.com/
◆出演のいきさつは
shosanがRAIN COATに飲みに行ったとき
マスターが私の事を知っていたので
2人で話が盛り上がり?
shosanから
「MHKさん十三にRAIN COATちゅう店がありますねんけど
 都合の良い土曜日に一緒にライブしませんか?」
と連絡がありました。
◆ということで、はじめて出演させていただくことになりました。
 今後も出演することになるのか今回限りか?
◆ライブの盛況を祈って呪文を唱えることにします。
 あじまりかん(阿字真理完)
 あじまりかん(阿字真理完)
 あじまりかん(阿字真理完)
 ポテチン!!!
2013122919200002 (2).jpg
posted by マッドハープ at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

萱島のサム・カーと出会う/紙一重の積み重ね

みなさん、おはようございます。
昨夜は、京阪萱島駅下車徒歩8分にある
アナンカフェさんにて
「8/19(土)MHK夏期ブルースハープ・セミナー」という地味な企画を行ってきました。
◆事前にネットで調べた夕方6時から最大料金300円のコインパーキングに
 車を停めて店に行く途中、萱島神社を参拝。
◆店に7時前に到着すると
 ママから「この方、今日セミナーに参加されます」と紹介されたのが59歳の男性
 来られたいきさつを聞くと
 15年くらい前、某カルチャーセンターで習っていたものの
 毎回「ブルースはアドリブですから適当に楽しく吹いてください」というレッスンに
 疑問を感じて(まったく上手くならないので)三ヵ月で挫折したそうです。
 ところが最近になって音楽をやっていた同級生たちがボチボチ暇になり
 会う機会が多くなりセッションをするようになったそうです。
 友人から「お前も楽器をなんかやれや!ブルースハープやったらできるんちゃうか?」
 と言われて三ヵ月前から某楽器店の教室に通い出したとのことでした。
◆その方は、ベンドが出来ないというお悩みでしたが
 音を聞きながら問題点をチェックしていくと
 ノーマル音を出すときに舌先をハープの穴につけて吹いていることがわかり
 舌先の位置を説明してから「イコォ〜」と発音するように教えると
 2番のベンドが出来るようになられました。 
 めでたし!めでたし!
◆そんなウダ話のようなレッスンをしているうちに南部君がお店に到着。
 しゃべっていると8時前になっていました。
 予想通リ、参加者は少なく、それから誰も来ず
 結局、マンツーマンのブルースハープ・セミナーとなりました。
(あめるさんも、途中から来られて吹いてたので参加者に入れると2名)
◆それから、お店に入って来られたのが
 ママから一週間前
「あの〜MHKさん、お願いがあるんですけど地元萱島でドラムをやっている
 BLUESがめっちゃ好きな喫茶店のマスターが居てるんですけど
 セミナーの後にセッションしてもらえませんか?」
 という連絡があったドラマーの方と友人でした。
(友人の方とは、去年のライブでお会いしてました。ちなみにMHKと同じ年の男性)
実は、セッションをするのは面倒くさいと思っていたので
2曲ぐらいやったらおしまいにしようと思ってました。
しかし、セミナー中に南部君のシャッフルに合わせてブラシを叩きだすと
サム・カーのそっくりの音だったので、いっぺんに気に入り、ほぼ全編叩いてもらいました。
(ブルース・ハープセミナーが店内でストリートライブのような状態になりました)
◆ドラマーの方は、60代の方で第一期関西ブルース・ブームをリアルタイムで体験されている方でした。
◆セミナーの後、懇親会を行う予定でしたが
 ブレイクタイムでママの手料理を食べながら
 第一期のブルース・ブームのよもやま話を聞いてました。
◆ブレイクタイム後、ふたたび萱島のサム・カーO本さんと
 どシャッフルをセッションして
 地味なMHK夏期ブルースハープセミナーは無事終了!
◆アナンカフェのママ、参加者のI田さん、あめるさん
 Kさん、萱島のサム・カーさんありがとうございました。 
 南部君お疲れさまでした。
◆話が変わって
 ブルース・ハープを始めようとしている方
 始めたけどお悩みの方へマインド面で参考になる文を載せておきます。
 ☆「紙一重の積み重ね」
 才能に乏しくともコツコツ努力すれば一定レベルまで必ず上達します。
 目標とするものにわずかづつでも近づけます。
 そして「成功」といわれるレベルまで高めます。
 一枚の紙は薄いですが、積み重ねれば厚く、重くなっていきます。
 一日一日の積み重ねができるのが人生ですから
 日々の継続が後に大きな差となるのは当然です。
 「継続こそ力」です。
 継続のコツは非常にシンプルです。
 毎日、同じ時間に苦にならない程度に行えばいいのです。
 また「永遠に続けなくてはならない」などと、最初から重く考えない事。
 とにかく続けることです。
 そのうちに「やらないと気持ち悪い」ようになります。
 そうすれば一生続きます。
 そこまでは何事も辛抱が必要です。
「紙一重の積み重ね」で実力を高め充実したブルース・ハープ人生を送ってください。
■話がまた変わってライブ情報です。
☆8/26(土)十三RAIN COAT
加藤南部スタイル+shosan(ブラシ&ウォッシュボード)
夜8時から チャージ:投げ銭
https://bar-raincoat.com/
◆では、そろそろスロージョギングにでかけます。
 ちょっとした事件があって外でハーモニカを吹くのはやめました。
 その代わり、ウォークマンを聞きながら歌詞を覚える練習をします。
 (大声では怪しまれるのでブツブツとつぶやきながら・・・)
 それもまた怪しいかな〜
 これからは世間の人から怪しまれないように
 オーラを消して生活します。
◆では「長生きしたけりゃ銭湯だぜ〜!」おしまいポテチン。 
image001.jpgDSC_0804.JPG
posted by マッドハープ at 06:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする