2017年08月14日

MHK8月のライブ&ブルースハープ・セミナー日程/今日だけのお盆休み

みなさん、おはようございます。
今日だけがお盆休みです(といことで普段と同じです。今日は昨日の代休です)
◆池田晶子の言葉をまとめた本を読んでいました。
 お盆にふさわしく
「幸福に死ぬための哲学」です。
以下、気に入った言葉です。

☆思った通りの人生
人は、何でも「思う」ことができる、これは本当に不思議なことだ。
これが自由の原点だ。
人生はつまらないものだと思えば、人生はつまらないものになり
人生は素晴らしいものだと思えば、人生は素晴らしいものになる。
何もかも、思った通りになる。
人生は、自分が思った通りの人生になっている。
人は、思うことで、人生の運命を自由に創造することができるんだ。
これは、なんて素晴らしく、かつ、なんて厳しいことだろう。

☆わからないのは当たり前
そもそも私たちは、自分の決断で生まれたわけでなく
自分の決断で死ぬのでもない。
生まれて死ぬという、人生のこの根本的な事態において
私たちの意志は全然関与していない。
気がついたら、どういうわけだか、こういう事態にさらされていたわけです。
このことを不思議に思い至れば
人間が自分の人生について、自分の意志で決断してどうのこうのということが
いかに小賢しいことであるかも気がつくでしょう。
人間が自分の意志でできることなんか、たかが知れているのです。
人生は自分の意志を超えているのです。

☆苦しみは喜びである
幸不幸とは「境遇」とは別のことだ。
幸福とは、努力である。
外的なあれこれによらなくても、いかなる境遇にあろうとも
それ自身で常に幸福であることができるための、魂の努力である。
ところが、努力とは、善くなるために為されるものであって
悪くなるために努力する人はいない
善くなるための努力は、必ず苦しいものである。
「善く苦しむ、苦しみは喜びである」
幸福とは、これである。
そして、これ以外の何かではあり得ない。

☆当たり前のことにありがとう
この広い世界、果てしない宇宙の中で、誰かと誰かが出会う
出会って愛し合うなんてことは、なんという偶然、なんとありがたいことなのでしょうか。
「ありがたい」とは「在り難い」という意味です。
そのようなことが存在することが難しい、難しいけれども存在した、そういう意味なのです。
有り難いが在ったということは、つまり、奇跡ということです。
奇跡とは、何か特別の出来事をいうのではなくて
いつも当たり前に思っていたことが、じつはスゴイことだったと気がつく、そういうことなのです。
この奇跡に対する驚きの感情が、感謝という感情の基礎にあります。
自分が存在することへの感謝、それはおそらく人間にとって、究極の感謝でしょう。

◆以上です。
何度も聞いたことある内容ですが
実に、シンプルに書かれていてだれでもわかりやすい。
読んでいて
銭湯帰りのようなサッパリとした気分になりました。

◆ここから話が変わります。
昨日は、ブログ記事に書いていたように
シカゴロックへ「仁義なきブルースハープ・バトル」を見に行ってきました。
鈴木タモツ氏と大野木一彦氏の和気あいあいとした仁義なきバトルは
お盆だというのに集まったお客さんを大満足させてました。
(それはもちろんバックのヨシ水野と中村藍子の素晴らしいサポートがあったからです)
MHKも予定通り呼ばれてバトルに参戦しました。
(まともに、戦うと太刀打ちできないので邪魔しないように2曲参戦しました)
タモツさん、大野木さん、ヨシ水野さん、中村藍子さん
ポテチン教祖の塩山マスター
ありがとうございました。
◆ここから8月のブルーハープセミナーとライブの日程をお知らせします。
■MHK自主企画
8/19(土)MHK夏期ブルースハープ・セミナーを開催します。
場所は京阪萱島アナンカフェさん
KeyCとAのブルースハープ持参して下さい。録音可です。
時間:夜7時頃から9時頃まで
    ギター伴奏:南部光隆
参加費:志(こころざし)献金(つまりできる方だけでOKということです)
    見学者は無料です。
    ただし、参加者も見学者も要オーダーです。
    https://r.gnavi.co.jp/hk3sd3cr0000
☆終了後、約1時間の懇親会があります。
■8/26(土)十三RAIN COAT
加藤南部スタイル+shosan(ブラシ&ウォッシュボード)
夜8時から チャージ:投げ銭
https://bar-raincoat.com/
以上です。
◆では、そろそろスロージョギングに出かけます。
 帰ってきたらお墓参りに出かけます。
 みなさん、冷たいものばかり飲んでるとポテチンとバテまっせ〜
 ご自愛ください。
image001.jpg
posted by マッドハープ at 06:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

Down Home Trip Tokyo 2017 in Bright Brown vol.2の様子/モツ煮込みライス

Down Home Trip Tokyo 2017 in Bright Brown vol.2の様子です。
ライブ前、いつものようにブライトブラウン特製のモツ煮込みライスを食べました。
☆最高にうまかった!!!ごちそうさまでした!!!
◆上の写真:カトコテ(カトウ・コテツの略)の仁義なき生ハープ・バトル
 下の写真:ササキサトコとの仁義なき師弟バトル
DGd0NpaUwAE3qgP.jpgDGd0M0VUMAEv5dn.jpg
posted by マッドハープ at 01:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

ポテチン・ブルースハーピスト/仁義なきブルースハープ・バトル/絵描きのなかしまみゆき

image001.jpg
コジマエンタープライズ企画/ブライトブラウン夏公演&東京温泉2Days
〜Down Home Trip Tokyo 2017 in Bright Brown vol.2〜
が無事終わり帰ってきました。
◆印象に残った出来事を書いていきます。
◆8/5土曜日、JR中野駅南出口でコジマ社長と合流しました。
 昭和浴場をめざして歩いていると
 煙突に赤文字で「マジック温泉」が見えたので迷うことなく到着。
 番台でお金を払うと
 「サウナ無料券」と「30円商品券」をくれました。
 番台のおねえさんに
 「半年後にまた来るけど使えるん?」
 と聞くと不愛想に
 「ええ」
 と言われました。
(このオッサン何を聞いとるねんという感じでした)
◆ライブが始まる前に
 一人で来ていた年配の男性に(普段、ライブに来そうにない雰囲気の方)
 コジマ社長が
「どういうキッカケで来られたんですか?」
 と聞くと
「以前、横浜でライブをされたときに見たんです。ブログもしょっちゅう読んでます」
横で聞いていて、嬉しいような恥ずかしい気分になりました。
◆はんちんぐ隊一行が来られていて
「オリジナルTシャツを作ったんですよ。MHKさんにプレゼントします」
早速、いただいたTシャツを着てライブをやりました。
はんちんぐ隊のみなさんありがとうございました。
◆ライブが始まって、コテツが店に入ってきたので
 緊張と気合が入りました。
◆サトコさんがゲストということで女性陣が多く緊張とスケベ心が出ました。
◆MCで「ポテチン」をオチに使ったらバカウケしました(特にコテツに)
◆コテツ氏を突然呼んで毅君とMHKのトリオでキャリー・ベルのWhen I Get Drunkをやる。
 (生ハープでやりました。2人とも思い切りいちびって吹きました)
◆終演後「今日はハープがたくさん壊れた」とぼやいていたら
 コテツが「ちょっと見てもいいですか?」と言って
机の上に電灯を置いて
 カバーをはずしてリードにさわり始めました。
「リードにあげみをつけると甘いトーンになるんですよ〜
 サニーボーイUライスミラーもやってるんですよ。 
 エルモア・ジェイムズがエピソードで言ってる本を読んだので間違いないです」
てなことをしゃべりながら直してもらうと
驚くほど良いトーンになりました。
「ついでにこれも直してくれや」と言ってると(ハタから見ると手相占いをしているような風景)
サトコさんや兼田君も集まってきて盛り上がりました。
実は、サニーボーイU世がアンプリファイドでバリバリに吹いていた事など教えてくれました。
◆翌日、あるハーピストからメールがありました。
「おはようございます。
 昨夜は加藤さんに会いに行けて良かったです。
 ポテチンハーピスト大好きです。
 今後も日本を代表するポテチンハーピストとして
 僕らポテチンファンを喜ばせてください」
◆以上のような出来事です。
◆Down Home Trip Tokyo 2017 in Bright Brown vol.2にお越しいただいたお客様
 ブライトブラウンのSueさん、ミキさん、スタッフの方、コジマ社長
 ありがとうございました。
 ゲストのササキサトコさん
 サポートメンバーの加藤 毅君、小山田トモキ君、加々美タダシさん
 お疲れ様でした。
 お客さん&スペシャルゲストのコテツ氏ありがとうございました。
◆話が大阪シカゴロックに変わります。
 お盆の今週8/13日曜日http://chicagorock.sakura.ne.jp/
 東京のブルースハーピスト・鈴木タモツ氏がシカゴロックにやってきます。
「仁義なきブルースハープ・バトル」と題されたライブ
 大野木一彦氏と暑苦しい仁義なき戦いが展開されます。
バックはヨシ水野(ギター)と中村藍子(ドラム)です。
ここだけの話ですがMHKも仁義なきブルースハープ・バトルを見に行きます。
(いつも東京遠征では来てもらうので恩返しをしようと思いました)
みなさん、お盆休みだからシカゴロックに行きましょう!ポテチン!!!
◆絵描きのなかしまみゆきさん(なかじまみゆきと違うよ)がライブを見ながら
 描いてくれたイラストです。
001.jpg
002.jpg003.jpg004.jpg005.jpg006.jpg007.jpg
◆写真提供:コジマエンタープライズ(二日目に行った武蔵小山温泉前にて)
小山温泉.jpg 
posted by マッドハープ at 20:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする