2015年09月21日

にっぽんばし道楽ライブ御礼/ふるさとに帰ってきたけれど

昨日、ふるさと凱旋ライブ第1弾!にっぽんばし道楽ライブが無事終了しました。
ライブ企画していただいたシカゴロック塩山さん
にっぽんばし道楽レコードのみなさん
集客営業担当をしていただいた いのけん&いのうえふみこご夫妻
お集まりくださったお客様
本当にありがとうございました。
南部くん、ワンマンライブの長丁場ご苦労様でした。
◆昨日は、ブログ記事に書いた通り
家内の実家、堺へ向かいそれから三宝バスセンターで昼風呂に浸かってきました。
(三宝バスセンターは、昔、サムズレッドハウスでライブをしていた頃によく行ってました)
この銭湯のおすすめは汐風呂です。
(低温に設定してあり長時間浸かっても大丈夫です)
湯上り後、ロビーでミンチカツパンを食べながら
「新婚さんいらっしゃい」を何気なく見てました。
銭湯から出て国道26号線を北上してにっぽんばし道楽レコードへ向かいました。
(実家に住んでいた頃、日本橋から堺まで国道26号線をよく往復したものです。
運転しながら郷愁にひたっておりました)
◆お店に着いて2階の特設イベントスペースへ着くと
南部君と神戸のブルースハーピストいわもといちこう君がすでに居ました。
(いちこう君はなぜかMHKを慕ってくれる変わり者です)
いつものようにお客さんがくる気配はなく
「今日はいちこう君と差し向かいでライブやなぁ〜」と思っていると
若い外国人女性が入ってきました。(ジャマイカ娘のロビンさん)
いちこう君と顔見知りのようで親しそうに会話を始めました。
するといのうえふみこさんが入ってきました。
どうやら、いのうえさんとも知り合いでお声をかけてくれたようです。
それから、また女性が2名入ってこられて(やはり、いのうえさんのお知り合いでした)
加藤南部スタイルのライブではないような
華やかな雰囲気になりました。
それから川崎さんサルハシ君の常連ブルースハーピスト組
サムズ時代からの古〜い常連さん
ご新規の若い男性などがイベントスペースに入ってこられました。
◆Jukeの別テイクからライブを始めて
ワンコードのBoogie、アナリィ、日本語のKeep It To Yourselfなど
いつも通りやりましたが
なんせ慣れない女性の前でのライブ
しかも拍手もパラパラというような反応でしたので
悪いクセで弱気になりかけました。
しかし気を引き締めて
予定曲を演奏しました。
終わったのでステージから離れようとしたら
思いがけないアンコールをいただきました。
◆アンコールで何をしようかと考えて
ふと、思いついたのが
昨日の朝起きてすぐに歌詞を書いていた
「ふるさとに帰ってきたけれど」
(リハでもやらなかったしやろうとも思わなかった)
KeyAのスローブルーズ・ファーストポジションでやりました。
下記の歌詞です。
Blues With A Feeling 誰も居ないよ〜×2
ふるさとに帰ってきたけれど
◆夕方5時すぎにライブは終わり
それから堺へもう一度戻りました。
家内の実家で水炊きを食べて
(ライブの事は話題になりません。みなさん興味がないのでェ〜)
何事もなかったように家に帰りました。
◆Photo by いのうえふみこ
DSC_2927.JPGDSC_2907.JPG道楽.jpg道楽1.jpg
posted by マッドハープ at 19:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
加藤さん、オシャレな帽子にジャケットの下は「赤」ですよ!ライブの事は話題なくても、ファッションの事は奥様に御相談をー(笑)
Posted by 原 at 2015年09月22日 22:29
そうですね。
まったく、考えてませんでした〜(笑)
実は、帽子を見て「なんやそれ〜」
と言われました。
Posted by MHK at 2015年09月23日 00:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: