2015年11月29日

MHKのディクシャ(伝授)/本来の姿

みなさん、おはようございます。
ブログに誕生日のことを書いたせいか
昨日、追加の誕おめメールをいただきました。
みなさん、お気を使っていただきありがとうございます。
*祝福を催促しているようですがそうです。
 MHKは、ぼんち(末っ子)の甘えん坊なので〜
◆本日のテーマは
ディクシャ(マスターからの秘宝の伝授、エネルギーの伝授、またはその儀式そのものをさす)
についてです。
こういう内容を書くと、また家内から「誤解されるからやめて!」と言われそうですが
自分がオモロイと思ったことを書いていきます。
(ブログの記事が変わってきたら、家庭の事情と思ってください)
◆図書館で、「ホ・オポノポノの教え」と同時に借りてきた
ヒマラヤ秘教についての本に下記のようなことが書かれてました。

☆人の心には、常に何かをくっつけて満足する習性があります。
それは欲望です。
カルマ(業)によって次から次へと欲望が沸き上がり
同時に心も休むことなく動き続けています。
欲望に翻弄され、感覚に翻弄され、片時もひと所にどどまらない。
あるときは、望みが叶い喜び、すぐにまた違うものを求めます。
あるときは叶わずに落ち込みまた違う欲望が生まれます。
MHKは、いつも心の思いに翻弄されています。
このような心を休めるために
寝ているときに寝返りをうったり、夢を見たり
昼間の興奮を鎮めるためにエネルギーを消耗します(ワシのことです)
これらのことは浅い気分転換で、深いところの心は休まらず
長い間やっていると、心を酷使し、疲れ切っていきます。
こうした果てしない欲望に抑制をかけ
消耗し続けている心を落ち着かせるために
動き回る心(意識)をひとつの場所につなぎ止めそこに集中していくという練習をすることです。
心をつなぎ止めるには、欲望を促すような対象でなく
それをすれば心が安らぐものを選ばなければなりません。
たとえばあなたが好きなハーピストのコピーに没頭しているときも
たしかに心はつなぎ止められていますが
コピーは新たな欲望を生み出す対象であり、心安らぐものではありません。
(だから、健全な方はコピーを無意識に嫌がるのかもしれません)
では、穏やかで静かな心の状態をつくれるもの
それは本当の自分との出会いです。
自分の中にある源の存在へ還ることです。
ヒマラヤの恩恵を受けて神につながることで
心は静かに落ち着き、欲望が心から落ちていきます。
MHKは、自分の体験による心だけを見て判断して生きているので
ごく狭い範囲でしか世界を見てこれませんでした。
当然、こうした偏った考え方、自分の価値観に翻弄された見方は
アンバランスで自己中心的になります。
ヒマラヤ秘教では
私たちは自分の力で生まれてきたわけではなく
創造の源の大きな力によってこの世に送られてきたので
その力につながり、その声を聞いて生きていくのが
本来の姿であり
本当の自分と出会えることだと教えてます。
◆以上ですが、MHKはヒマラヤに行くことはないので
今から、最明寺滝までサイクリングをして恩恵を受けてきます。
最近、お気に入りのマントラ(真言)は
「わたしは愛と光と感謝の魂です」で〜す。
ブツブツ言ってるとなぜか気持ちがスッキリしてきます。
◆さてMHKのディクシャはBLUES HARPのことになりますが
きっちりスタイルのRod Piazzaに疲れてきたので
昨日からユルくてタイトなSam Myersをコピーしてます。
みなさんも心は休まらないかもしれませんがコピーをしてください。
https://www.youtube.com/watch?v=qDsfnuYTX2c
https://www.youtube.com/watch?v=7H6VuhWP1tk
BLUESのコピーに疲れたらボサノバで気分転換してください。
batucada surgiu Anima nova gruppo bossa nova jazz napoli
https://www.youtube.com/watch?v=tqNMIKCvdsw
sergio mendes mas que nada
https://www.youtube.com/watch?v=yS6eYL1FPtg
では、このへんで今日のブログはおいとこぶし!
posted by マッドハープ at 06:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: