2015年12月13日

法事/F.I.H.ハーモニカコンテスト

みなさん、おはようございます。
本日、私事ではございますが
法事に出席します。
当たり前なのですが、年齢を重ねると
お葬式や法事に出席することが多くなります。
それと、あるブルースハーピストの方から
「来年のF.I.H.ハーモニカコンテストに興味があれば
ゲストプレイヤーとして出演しませんか?
もし興味があれば推薦しますよ!」
との連絡がありました。
http://moridaira.jp/fih/contest-fih
人選は来年決まるのですが
決まっても決まらなくても
話のネタとして結果は当ブログで報告します。
実は、数年前にもお声がかかったのですが
レコーディング当日に現場へ現れなかった
Good Rockin´ Charles のように
ビビッてお断りしたのであります。
https://www.youtube.com/watch?v=jYGszwucFG4
https://www.youtube.com/watch?v=JQFMBZbKfc0
(MHKに風貌が似てるそうです。使うフレーズも似てる?)

◆そんなことがあり人生についてチト考えていたら
 下記のような文章と出会いました。

☆人生とは、「私とは何か?」を知る作業である。
それ以外に、無い。
人生とは、全てが浄化である。
浄化とは、自分の中に何か罪や戯れがあり、それをきれいにすることではない。
例外なく、あらゆる存在に、罪や戯れというものは一切存在しない。
全ての存在は皆、純粋無垢な存在なのである。
では、何が浄化なのか?
それは、本当の自分でないものを手放すことが浄化なのである。
自分が純粋無垢で栄光に満ちた存在そのものであることを忘れ
未完であるこの世の何かと誤った自己同一化をしていることが
この世界での苦しみの根本原因である。
世界が幻想であれば、人間もまた幻想である。
しかしまた、幻想において世界や人間が存在しているおかげで
自分とは何か?を知ることが可能になるのである。
本当の自分でないものを放棄する作業の連続が、すなわち人生だ!
それは、自分とは何かを知っていく作業なのである。
よって、真実の自己を知るときが、この世界の終焉なのだ。

人生そのものとは土台であり
人生に起きるあらゆる出来事は建物の外観である。
わたしは時に、人生とは何か?と自分自身に問うが
建物に隠れた土台を実際に見てみようとする者が少ないように
やがて(MHKも)は建物の外観に忙しくなり、土台そのものを忘れる。
人生とは何か?と問うてその答えを見つけるのではなく。
どう生きる(生計をたてる)かに忙しくなる。
何に成るべきか?
何を得るべきか?
何をするべきか?
それでは決して建物でくつろぐことができない。
人は求め続ける。
何かをしても、何かを得ても、その結果何かに成っても
結局のところ「私」は満たされていない。
幾多の人生を経て改めて幻想の本性に気づいたとき
いよいよ建物の解体作業を開始するのである。
土台を見て私は問う
人生とは何か?
さらに土台まで解体して私は問う
私とは誰か?
私とはいったい何なのか?
あらゆるものが解体されて全てが無に帰したとき
ただ「それ」だけが在る。
はじめから建物は存在していなかった。
そこは天国と呼ばれる場所であり
完全なる平和と至福である。
それが「私」である。
しかし、それが私であるという表現は正確ではない。
なぜなら、たどり着いたその瞬間
「私」は消滅するからである。
旅をしてきたのは「私」だった。
旅がないとき「私」もまた無いのである。
実が熟すまで実が落ちないように
問いとの出会いが、その時期を知らせる。
「私」とは誰か?いったい何なのか?
もし問いに出会ったら、実が熟す時である。
◆以上です。
ブログを書いてたら
法事に出かける時間がせまってきました。
その前に、スロージョギングとハーモニカの練習にでかけます。
「こういう作業も幻想なのか?」と考えるとわけがわかんなくなりますが
最近、どんどん自由になってきてます。
では、みなさんも自由になってね〜
「わたしはワクワクしながら成長します。
わたしはあなたの成長を祈ります」
胡散臭くなってきたので
今日のブログはこのへんでおいとこぶし!
posted by マッドハープ at 05:42| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもいつも素敵なお話しありがとうございます(*^^*)ここ数年いろんな事があり、読ませて頂きとても励まされまされています!めげて下下向くのは簡単だけど、今を受け止め前を向いて歩く事かなと思えるようになりました‼ハープの方は中々上手くはならないのですがぼちぼちやっていきますのでこれからもよろしくお願いします(*^^*)
Posted by イナダヒロコ at 2015年12月15日 10:28
イナダさん
まだ少し早いですが
今年一年間お世話になりました。
また、来年もよろしくお願いいたします。
Posted by MHK at 2015年12月15日 20:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: