2017年01月22日

Down Home Trip Tokyo 2017 BB三部作/ビジネス&文化活動/面倒でもする人

みなさん、おはようございます。
昨日の記事で
「ハーモニカビジネスにならなくても文化活動として続けよう!」と書きましたが
ある方から
「それは、人が来ないことへの言い訳です。
 傷がつかないように恐れているのです。
 その結果、あなたの望むように人が集まらないのです。
 人が来て欲しいお金も欲しいという気持ちの両方があって当たり前です。
 たとえば
 アクセルとブレーキを両方踏んで進もうとするようなものです。
 自分が本当に望んでいることを内観して言うようにしなさい」
と銭湯に浸かりながらアドバイスされました。
ということで
「MHKのブルースハーモニカ・ワークショップはビジネス&文化活動」に訂正します。
それと
「2ヵ月に1回程度の開催のほうが参加者も集めやすいし盛り上がる」というのが
お店の方の意向でした。
「うっかりイベントを入れられたということはやっぱり参加者が集まらんせいやろなぁ〜」
というのはわたしの恐れからくる自分勝手な解釈でした。
(しかし、長年培われた考え方というのは恐ろしいものですわ
 自分で気づかないうちにシュンタロウになろうとしているのです)
もちろん文化活動という面もあります。
それについてMHKが共感した渡辺和子さんの言葉を紹介します。
☆人には皆、苦労を厭い、面倒なことを避け
 自分中心に生きようとする傾向があり、私もその例外ではありません(MHKは自己中そのものです)
 しかし、人間らしく、より良く生きるということは
 このような自然的傾向と闘うことなのです。
 したくても、してはいけないことはしない。
 したくなくても、すべきことをする。
 自由の行使こそは、人間の主体性の発現にほかなりません。
 消しゴムのカスをそのままにしておくのも、片づけて席を立つのも、本人の自由です。
 しかし、よりよい選択ができる人たちを育てたい。
 安易に流れやすい自分と絶えず戦い、面倒でもする人
 倒れてもまた起き上がって生きてゆく人を育てたいのです。
◆以上です。
 「安易に流れやすい自分と絶えず戦い、面倒でもコピーをする
 倒れてもまた起き上がって生きてゆく人を育てたい」という気持ちを持って
 ブルースハーモニカ・ワークショップを行います。
しかし
「はたして、面倒でもするような人でおまけにダウンホームなBLUESを吹きたい人はいるのか?」
というような人が増えない状況に対する
長年培われたシュンタロウ思考が湧いてくるのであります。
◆渡辺和子さん曰く
「よりよく生きるということは自分中心に生きようとする傾向と闘うこと」
ちゅうことでMHKがんばりま〜す。
◆ここから話題が変わります。
 今週末1/28(土)は「Down Home Trip Tokyo 2017 BB三部作」を
東京中野ブライトブラウンにて行ってきます。
 Tripといっても一泊二日の一カ所公演です。
★コジマクニミツ・プロデュース
〜マッドハープ加藤 Down Home Trip Tokyo 2017 BB三部作〜
2017年 1月28日土曜日
開催会場:東京・中野 - Bright Brown -
http://www011.upp.so-net.ne.jp/nakano-BB/
OPEN 18時 START 19時  ライブチャージ:2000en
『一部:バンドスタイル編』
with
Gt: 加藤ツヨシ
Ba:小山田トモキ
Dr: 加賀美タダシ
『二部:ツイン・ハーモニカ編』
with
Harmonica:今野晶
『三部:バンドスタイル〜マッドJAM編』
with
Gt: 加藤ツヨシ
Ba:小山田トモキ
Dr: 加賀美タダシ
and Harmonica:今野晶
〜マッドJAM:All People 参加フリー!!
☆aboutマッドハープ加藤
Kojima Enterprise所属。1960年11月26日(いい風呂の日)大阪ミナミ生まれ。
1980年ハーモニカを手にする。活動拠点を大阪のBlues Bar シカゴロックに置く、
芸歴30年、こよなく銭湯を愛する生粋のブルース・ダウンホーマー。
ハーモニカ講座においては後世のハーモニカ吹きに、独自の理論・手法を伝授。
近年では、自主制作盤『Southern Rocker』をリリース。
FIHハーモニカコンテスト2016 ゲスト参加。
加藤南部スタイルでのデュオライブ活動。等々、絶賛現役活動中。
追記:自主制作盤『Southern Rocker』は完売廃盤です。追加リリースなし!
◆「マッドハープ加藤 Down Home Trip Tokyo 2017 BB三部作」のフライヤーは
 下記をクリックして下さい。
 madharp2.pdf
◆そろそろ日課のスロージョギングに出かけます。
 走りながら本日のサムズレッドハウス/ブルースハーモニカ・ワークショップで行う
 練習曲を練習します。
 では、最明寺滝まで行ってきま〜す。
MHK2016-1.png
■追記:中村藍子さん、大野木一彦氏、南部光隆氏も
「面倒でもする人」です。
写真撮影:イタガキヨシキ(彼も、もちろん面倒でもする人です)
IMG_3708.JPGIMG_3741.JPGIMG_3709.JPGIMG_3747.JPG
posted by マッドハープ at 04:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: