2017年03月21日

James Cottonとタングブロック/BLUESだけで稼ぐブルースハーピスト

土曜日、Blues Bar LOOSEでリハ前にTAKAGAMANから
「加藤さん、ジェイムズ・コットン死んだん知ってはります〜?」
と言われてJames Cottonの訃報を知りました。

◆James Cottonは数少ないリスペクトするブルースハーピストでありました。
わたしがハーモニカを始めた頃は
パッカーリングで吹いているハーピストがほとんどで
教則本でタングブロックについてはオマケ程度に説明されているだけでしたので
みなさんそれほど意識されていませんでした。

◆当時、何か違う音がいつも混じっていたり音色が異常に太いので
「黒人やから違うんやろなぁ〜」と思ってました。
その後、TAKAGIMANの同級生で現在は消息不明の小川豊光君から
「加藤さん、ジェイムズ・コットンもサニーボーイもビッグ・ウォルターホートンも
 みんなタングブロックで吹いているんですよ!」
と教えられました。
当時、知り合ったばかりのハーピン・ジョーの音色がレコードで聞いたのと同じだったので
「キミ、なんでそんな音出るの?」と聞くと
「タングブロックで吹いてるんですよ!」答えたので
わたくしもタングブロックで吹こうと決意をしたのであります。

◆James Cottonのライブは何度も見ましたが
 そのたびに深く深く落ち込んだのであります。
 ライブを見て歓声を上げる他のハーピストを見ながら
 どんどん暗くなって
 「俺には吹けない」と呟いたものです。
(考えたら同じように吹けると思ってるわけですから落ち込むのであります)
しかし、しつこい男なので吹けないけど近づきたいと思ってまたコピーをやり続けました。
そして現在に至っております。
ここだけの話ですが
もっと上手くなりたいし、もっとBLUESなハーモニカが吹きたいのです。

◆堺サムズ・レッドハウスにて
 2017年3月26日(日)昼2時〜4時
 「James Cottonとタングブロックについて
 MAD HARP KATOのBLUES HARP WORKSHOP」を開催します。
 KeyCのブルースハープと録音機持参。
http://dp00004927.shop-pro.jp/?mode=f3
☆毎回、ワンコーラスBLUESフレーズを考えて作ります。
 その曲を吹きながら説明して各自にアドバイスします。
☆参加費1500円、見学者付添人は無料です。
☆今回は、James Cottonを追悼してタングブロックを伝授します。

◆それともう一つここだけの話ですが
 サムズの社長から、あるブルースハーピストのCDを渡されて
 「感想を聞かせてほしい。そしてできれば教材として使っていただき参加者に買ってほしい」
 との宿題を言われました。
 CDを聴いたのですが興味のわかないハーピストだったので
 「わたしはこういうスタイルで吹けないので教材にできない」
 と答えるつもりです。
 しかしJames Cottonは買うべきだと言います。
 この件でモメたらブルースハープ・ワークショップは最終回になるかも知れません。
◆ということでMHKは教えることもライブもBLUESしかやらない
 「BLUESだけで稼ぐブルースハーピスト」になります。
☆baker shop boogie - james cotton willie nix
https://www.youtube.com/watch?v=pabKEh6vq68
MHK2017-3gatu.png
posted by マッドハープ at 20:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: