2017年03月26日

チヒロ&TAKAGIMANライブに乱入/内なる存在との調和

みなさん、おはようございます。
昨夜はある会合が早く終わったので
急遽、先週に引き続き
庄内Blues&Live Bar LOOSEへ
チヒロ&TAKAGIMAN+南彩子ライブを見に行き乱入をしてきました。
(ゲストの南彩子さんはアルトサックスとキーボードで参加されてました)
◆店の入口でハープを吹きながら曲のKeyを確認してから店内に入り
 いきなり曲の途中に乱入をいたしました。
 「あれ〜なんで居るん?」と曲が終わってチヒロくん言われて
 「ヒマやから来た」と答えると
 「まぁ、もうちょっとやっていき〜」とう流れになり
 そのまま居残りKeyEのスローブルースKeyAのシャッフル・Honest I Doを演りました。
 ステージから離れて最後の曲まで見て帰ろうとしたら
 TAKAGIMANから「せっかくやからチヒロくんとデュオでやったら?」と言われたので
 Take A Little Walk With Meを交互ボーカルで演奏してきました。

◆ステージのMCで南彩子さんがCD録音終了(チヒロくんも参加)との情報を教えてくださいました。
 昨夜は、サムズ同期生?のチヒロ&TAKAGIMANと
 バリバリのアルトサックスプレイヤー南彩子さんに元気をいただきました。
 たくさんのお客様も居られたのでDOWN HOME BLUESに未来はあると確信しました。
 みなさん、本当にありがとうございました。

◆ここから話題を「内なる存在との調和」に変えます。
わたくしは無宗教ですがこういう本が好きなので載せておきます。
(ちょっと長いくどい文章になりますが勘弁してください)
☆あなたが自分自身のや他人、あるいは何かを見て
 そこに「不足」や「欠如」を見るとき
 きわめて特殊な波動で振動する思考を送り出している。
 「不足」や「欠如」に焦点を当てたときに感じるネガティブな感情は
 あなた自身の「内なる存在」がそれらの思考と共鳴していないことを示している。
 望んでいるものが「ない」ことに焦点を当てると
 あなたの思考は低周波で振動することになり
 自分自身の「内なる存在」から離れる。
 それはまた「内なる存在」からのとうとうたるエネルギーの流れを制限することにもつながる。
 あなたの内部で発生するあらゆる病気の原因はそのことにあるのだ(病は気からですわ〜)
 血液や酸素の流れを制限すると身体が否定的に反応するように
 純粋で肯定的なエネルギーの流れを制限すると身体は否定的に反応するのだ。

 毎晩ベッドに横たわるとき(MHKは布団です)
 「内なる存在」を認め、それとのつながりを認識してもらいたい(ありがとうございますと唱える)
 まどろむ前に数分間、ベッドに横たわり、自分自身の幸せの息吹を浴びてもらいたいのだ。
 「内なる存在」はあなたを純粋で肯定的な力強いエネルギーで満たすだろう。
 愛情にあふれた「内なる存在」の働きによって
 身体が完全にリフレッシュされるのを許すと決意してもらいたい。
 そして新鮮で幸せな気分で目覚めると心に決めてもらいたい
(朝起きたらベッドのまわりはBLUESだらけというBLUESの詩と真逆です)

 朝、目覚めたら、たった今身体に戻ったばかりだということを認め
 即座に次のような明確な目標を持とう。
 「今日の第一目標は、自分を気持ちよくしてくれるものを探すこと!!!」
 気持ちがよければ、肯定的なものを引き寄せる場所にいられるからだ。
 気持ちよく感じていれば、あなたはより広い視点やより大きな意図と完全に同調しており
 自分にとって好ましいものだけが訪れるようになる。
 朝、目覚めて身体感覚を完全に取り戻したとき
 あなたは文字通り、新しい一日、新しい始まりを体験するのだ。
 あなたの前途を左右できるのは、あなたの現在の物の見方だけなのだ。

◆以上です。
私見ですがBLUESを楽しく演奏するためには逆説的ですがBLUESな生活をしてはできないと思います。
 というこで実はわたくし「BLUES MAN」ではなく
 ただの「おめでたい男」なのです。
◆では、そろそろ日課のスロージョギング&神社参拝に出かけてきます。
posted by マッドハープ at 06:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: