2017年04月12日

ブログはMHKの手紙/Jimmy Reedをコピーする

ちょっと前の記事で
「ブログを始めた本来の目的は集客のため」と書きましたが
目的を変更して
ブログを読んでくださる方への近況報告&生存報告といたします。
「MHKのおっさん、まだやってるんやなぁ〜」と
思っていただくことを目的とします。
(つまり、わたくしからの一方的な手紙です)
◆一昨日は最明寺滝までのスロージョギング10.8kmを行い(滝に向かっていろは・ひふみ祝詞を唱える)
☆最明寺滝の動画
https://www.youtube.com/watch?v=_oaXxuKwaB8
https://www.youtube.com/watch?v=sT1kcrPgmXo
(阪急山本駅から30分くらいで行けます)
家にいったん戻ってから車に自転車を積み込んで
 淀川河川敷公園からサイクリング&花見を楽しんできました。
 (サムハラ神社、難波神社でもいろは・ひふみ祝詞を唱えました)
最後は、クア武庫川の露天風呂に浸かってきました。(風呂屋の前でも花見をしました)
 現在、約8時間運動をしたので筋肉痛です。
◆移動中、ずっとJimmy Reedをコピーしてましたが
 シンプルに聞こえるのですが
 聞けば聞くほど微妙なベンド音程とタイミングで吹いているのがわかり
 難儀しました。
 なんちゃってJimmy Reedはすぐ吹けますが(そういう人が多い)
 本気でコピーすると
 彼の素晴らしさに気づくと思います。
◆MHK流の花見はじっと座って見るのではなく
 走りながら歩きながらチラ見をして通り過ぎていきます。
 一瞬「綺麗なぁ」と思うことを連続して行ないます。
◆花見の途中でテルミンさんのスタジオにアポなしで乱入しました。
 「ハープ持ってる?」と言われたので
 彼女のステップに合わせてバンプを吹いてきました。
◆テルミンさん、楽しかったです。ありがとうございました。
■追記:私見ですがJimmy Reedのボーカルとハーモニカの節回し(ベンドの音程、間の取り方)は
    一心同体と思うので彼のように歌えない(サニーボーイや多くの黒人ハーピストもそうです)
    わたくしにとって当然コピーは至難の業になります。
    Jimmy ReedのクオリアとMHKのクオリアの違いです。
    以上です。
☆簡単に言えば、クオリアとは「感じ」のことである。「イチゴのあの赤い感じ」
「空のあの青々とした感じ」「二日酔いで頭がズキズキ痛むあの感じ
面白い映画を見ている時のワクワクするあの感じ」といった、主観的に体験される様々な質のことである。
posted by マッドハープ at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: