2017年05月15日

ひと回り年下の同志たち/子年の男1960年・1972年生まれ

みなさん、おはようございます。
GW最終日は、三田ぬくもりの郷から「たまごかけごはんの店 玉の助」で食事をして
丹波立杭焼(たんばたちくいやき)を見てきました。
◆丹波立杭焼のお店に入って、高級な茶碗を見ながら
 「こんなんで飯食う人は金持ちやねんやろなぁ〜」と思って店内をウロウロしてたら
(ちなみに家族は買った茶碗を使っているがMHKは電気屋の粗品でもらった茶碗を使っている)
「訳ありお買い得茶碗500円!」というのが目にはいったので思わず購入しました。
てなわけで毎日マイお茶碗に安い米をてんこ盛りに入れて食事をしてます。
(家族は割るのをこわがって触らない)
◆話が変わります。
TAKAGIMANから「Blues Before Sunrise vol.10」の出演依頼が正式にありました。
今回で足掛け12年通算10回目の記念になるそうです。
今回の目玉は、記念Tシャツをお世話になるシカゴロックとコラボ制作、物販コーナーを設置。
◆場所:神戸ジェイムズブルースランド
日時:9月17日(日)17時オープン(SE/TAKAGIMAN CDJ)
    チャージ3500円(ドリンク付き)
★17時20分〜17時50分
加藤南部スタイル
マッドハープ加藤/vocal,harmonica
南部光隆/guitar
★18時00分〜18時30分
岡部キング&The Soul Wrecking Crew
岡部キング/vocal,guitar 白金祐造/guitar 江上昌伸/bass 西野達弥/drums
★18時40分〜19時10分
Spoonfull Deluxe
前川カナコ/vocal ヨシ水野/guitar 脇本総一郎/bass 大森英二/drums
村地博/Tenor Saxophone 三木邦仁/Tenor Saxophone 南あや子/Alto Saxophone
★19時20分〜19時50分
大野木一彦ブルースバンド
大野木一彦/vocal,harmonica バッドボーイ明里/guitar ZEE/bass 橋本真司/drums
大谷朝子/key.
★20時00分〜20時30分
Angel KONY
神近まり/vocal 小野アイカ/guitar,vocal 長野紋子/bass,vocal 吉原亜矢子/drums,vocal
★20時40分〜21時10分
OSAKA ROOTS BLUES BAND
久米はるき/vocal,guitar 三木電/bass 南あや子/Alto Saxophone 前田和彦/key.
西野達弥/drums
★21時20分〜21時50分
ちひろ&タカギマン+アイパー大西
栄ちひろ/vocal,guitar TAKAGIMAN/drums,vocal アイパー大西/vocal,harmonica
以上です。
(ちょっと先になりますがチェックしておいてください)
◆話がまた変わって5月のMHKライブ情報です。
今週5/20土曜日はひと回り年下の(子年)同志である岡部KINGとライブを行います。
場所:大阪ミナミ菩南座http://bonanza.ptu.jp/
マッドハープ加藤&岡部キングデビューライブ!
夜8時から ミュージックチャージ:チップ制
☆5/27(土)大阪シカゴロックでは
もう一人のひと回り年下の同志であるアイパー大西君と共演します。
http://chicagorock.sakura.ne.jp/
題して
「大野木一彦・アイパー大西・マッドハープ加藤のブルースハープ・バトル」を
夜8時から行います。チャージ2,000円(ドリンク別) 
バックは
岡部キング/guitar(2週続けての共演です)
(ちなみにTAKAGIMANと大野木一彦氏は同期?らしい)
◆最後に話題がまた変わって
 昨夜、ある方から「今のMHKさんにグッとくる文章だと思います」と
 コピーした文章を渡されました。確かにグッときたので載せておきます。
 (考え方についてですが、あまり深く考えずにお読みください)
☆承認欲求の事・・・認められたい・・・分かってほしい
 わたしの人生は、ずっとそうだった。
 わたしは生き方を変えたかった。
 だから、承認欲求を諦めることにした。
 もう、良いのだ。今世はもう、良いのだ。認めてもらえなくても、良いのだ。
 誰かに認められたくて頑張ることをやめると
 何かをやった際「誰からも認められたい!」とも思わなくなった。
 「苦労してるんだね」「頑張っているなぁ」などもいらない。
 「すごい!」などの賞賛もいらない。
 残り数十年の余生・・・
 批判してくれる批判先生のお相手をすることもなく・・・
 誰にも、なにも言い訳をすることもなく・・・
 誰かに認められたいからでもなく・・・
 残り数十年の余生、自分が「良かれ!」と思う生き方生き様をし、幸せに生きていくだけ。
 承認欲求を求めることに反対するわけではない。
 承認欲求を求めている人には、心から承認を与えることができるように努めたいと思う。
 だけど、私はもう、良いのだ。
 私はもう、承認欲求を諦め、もっと「自分にとっての幸せ」を
 大切にしながら、生きることにしたのだ。
 そして、そうし始めてから、というもの生きるのが楽になった。
 肩の力が抜けて、マイペースで生きていけるようになった。
 穏やかな幸せが、以前に比べれば・・・だが長く続くようになった。
 空を仰げば、ゆったりと流れる雲や、季節の風の匂い、月の満ち欠け
 朝日が昇る様、夕陽が沈む様、などにも意識が向き始めた。
 あと、私の余生は何年〜何十年あるか知らないが
 今後の人生に関しては、承認欲求に縛られることなく自分にとっての幸せを大切にしながら
 私にとっての幸せな人生を、感謝の心を大切にしながら生きようと思う。

 承認欲求や自己顕示欲が強い場合は、ついつい自己アピールをしすぎてしまい
 そのことは他人より嫌われることに繋がり
 しいては、自分自身が苦しむことにも繋がる場合があるのかもしれない。
 謙虚さをもって「自分が認められたい!自分が自分が!」という気持ちを自制し
 愛する皆に対して、あたたかな愛情溢れる承認を与える人になることにより
 私達は皆からも好かれ、皆からも後々、認めてもらえることになり
 長期的には、自分自身もが救われることになるのかもしれない。
◆以上です。
 後世の人が救われるために「いま」を生き
 承認欲求を諦めることにより認められるのでしょうかねぇ〜
 すいません。また宗教っぽくなりました。 
 では、そろそろ散歩と神社参拝とハーモニカの練習に出かけます。
◆One Way Out(岡部くんとデュオでやります)
https://www.youtube.com/watch?v=frQU2dTg5p4
posted by マッドハープ at 05:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: