2019年01月01日

謹賀新年/融通無碍(ゆうずうむげ)/女を泣かすMHK/ほんとうに難しいブルースハープ入門

謹賀新年
みなさん、昨年中は大変お世話になりました。
心よりお礼申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
   平成三十一年 元旦

◆年末から、娘夫婦と初孫(女の子)が我が家に滞在しているのですが
 三日経っても、孫は私の顔を不思議そうにじっと見つめます。
 その後、孫をあやしたい衝動がわいてきて近寄ると泣きます。
 嫁ハンが「おじいちゃんはコワいねんなぁ〜」と言って孫をあやすと
 ピタリと泣き止みます。(よくホームドラマで見るような光景です)
 今日は、孫の機嫌をとるためお年玉を渡します。(同時に家族への株を上げるためです)

◆昨日の大晦日は、MHKファミリーでイオンに買い物へ行きました。
 軽自動車にチャイルドシートを装着すると大人3人しか乗れないので
 息子は電動自転車でイオンに移動。
 わたくしは、スロージョギングでイオンに移動しました。
 フードコーナーで餃子定食を食べた後
 買い物には、興味がないのが分かっている嫁ハンに
「ワシは、本読んで楽器屋を見てからテキトーに一人で帰るわな」と告げて別れました。

◆その後、イオン店内の書店で立ち読みしてたら
融通無碍(ゆうずうむげ)という言葉について書いてる本と出会いました。
言葉の意味ですが
特定のことにとらわれたり、こだわったりすることがなく、自由でのびのびとしていること。
「融通」は滞りがないことや、その場その場で適切に対応することを指し
「無碍」は妨げになるものが無い状態を指す。
 
◆融通無碍な心とは
 「求めず、欲をかかず、比べず、競争せず
 憎まず、恨まず、期待せず、依存せず、気にせず」ということだそうです。
ということで
今年のMHKは、素直な心で自由な境地になることをモットーにします。

◆それから、楽器屋に寄るとブルースハープの教則本とエリック・クラプトンの自叙伝が置いてありました。
 「ほんとうにやさしいブルースハープ入門」や「超カンタン5分で吹けるブルースハープ!」という本を
 立ち読みしてたら「やっぱり面倒で結果が何年も出ないBLUESをやりたい人は少ないんやろなぁ」
 と実感しました。
 だから私が教則本を出版するならタイトルは
 「ほんとうに難しいブルースハープ入門」「超難解5年では吹けないブルースハープ!」
 「ダウンホームスタイルブルースハープ入門・読むだけでは吹けないよ!」とします。
 でも、ビジネスにならないから書店にならぶことはないと断言します。

◆エリック・クラプトンの自叙伝に
「音楽の業界は昔とちっとも変わらないよ、95%が偽物で5%が本物だ」 と書いてました。
(立ち読みなので、文章が間違っているかもれませんが・・・本物は少ないという事です)

◆元旦のブログはこのへんでおいとこぶし
そろそろNew Shoes(新しい靴)を履いて
サイクリングと徒歩で初日の出を拝みに出かけます。
偏屈者のみなさん、今年も素直な心でMHKと共に歩きましょう!
「求めず、欲をかかず、比べず、競争せず
 憎まず、恨まず、期待せず、依存せず、気にせず」ちゅうことです。
では、太陽が待っているので出かけます。
posted by マッドハープ at 04:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。色々からめることを期待しています。
Posted by おおのぎ at 2019年01月01日 21:01
おおのぎさん
あけましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になりました。
心よりお礼申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
Posted by MHK at 2019年01月01日 23:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: