2017年11月19日

Basic MelodyとBump練習の重要性/「できる」「楽しむ」/習慣を味方につける

みなさん、おはようございます。
今朝は、コメントに
「何故、ベースラインの練習が良いのですか?」という
ご質問がありましたので
思いつくままに書いていきます。

◆わたくしは、今から約31年前
 通信講座の「妹尾隆一郎/ブルース・ハープ講座」を購入して
 本格的にブルース・ハープの練習を始めました。
 その講座のテープ添削用課題曲にBasic MelodyとBumpがありまして
 早速、自分で吹いた3コーラスを録音して妹尾師匠に送り
 質問事項に
「Basic Melodyを吹いてる(吸ってる)とすぐに息が続かなくなります。
 なんかコツはありますか?」と書くと
「2番3番4番を吸ったあとの5番6番の吹きでタップリ息を送り込むようにすると
 そのあとの吸いたくなりブレスコントロールがうまくなります」
 とのアドバイスをいただきました。
 早速、試してみるとちょっとは楽に吹けるようになりましたが
 3コーラス目になると(添削は3コーラス録音するようになっていた)
 やっぱり苦しくなってリズムキープが出来ませんでした。
 でも、諦めること飽きることもなくアホみたいに練習してました。
 最初は、パッカーリングで吹いていたのですが
 その後、今は消息不明?の小川豊光君から
「カトウさん、ビッグウォルターもサニーボーイもジェイムズコットンも
タングブロックで吹いてるんですよ〜」
 と教えてもらいタングブロックでBasic Melodyを吹いてみると
 同じようなニュアンズや音色が出せなかった謎が解けました。
 しかし、それから同じようなニュアンスや音色が出せるようになるまで12年ぐらいかかりました。
 あとBasic Melodyを吹くと12小節BLUES進行が具体的にわかりやすくなります。
 曲のコードチェンジがわかるようになるのです(1度・4度・5度)
 これが体得できないと友達ができません(MHKに友達は少ないですが・・・)
まとめると
 ブルースハープが楽に吹けない悩みはこのブレスコントロールによって解消されます。
 ですから、ブレスコントロールの練習になるBasic Meiodyを吹くことをすすめてます。
 コピーができない。
 曲の中でベンドコントロールができない原因もブレスコントロールが身についていないためです。
 しかしながら
 そもそもこのブレスコントロールは、数日で身につけられるような単純なものではない。
 MHKの場合、難しい練習はしません。
 コピーをしながら何度も呼吸法に立ち返る。
 どういう喉の開き、唇のしめかた、ハーモニカをくわえる深さをすれば
 レスターダベンポートやビッグウォルターのような音色が出せるのか真面目に研究してきました。
 スランプに陥った時は、Basic Meiodyの練習からの積み直しで、コンディションを整えていきます。

◆BumpはBLUESのリズム感というかグルーヴ感というか
 シャッフビートを身につけるために必要不可欠な練習です。
 これもまた、ブレスコントロールの練習になります。
 トレモロとバンプを交互に混ぜて吹く練習。
 ロングトーンとオクターブとバンプを交互に混ぜて吹く練習。
 つまり、コールアンドレスポンスの
 コールがリフになりレスポンスがバンプになるわけです。
 それで自分の中にリズムを作ることができるようになるのです。
 これが体得できないと友達が増えません(MHKの場合、例外です)

◆Basic MelodyとBump練習ですが
 自分一人で吹かないで必ず完コピするようにしてください。
例えばBasic Melodyは
Frank Frost Harp&Soulのコピーをしてください(下記をクリックすると音源が聴けます)
https://www.youtube.com/watch?v=Vv7dbVwhWH8
Bumpのコピーにおすすめが
Big Walter Horton -Gettin' Outta Town
https://www.youtube.com/watch?v=yJf7WtzmP1w
下記は、動くBig Walter Hortonが見れます。
 https://www.youtube.com/watch?v=L0L0tjldPKI
 
◆コピーをしているとめげそうになると思いますので 
 MHKがオススメの心が励まされる言葉を載せておきます。

☆同じことを「できる」と思っている人と
 「できない」と思っている人とでは
 「できる」可能性がぜんぜんちがうと思うんです。
 「できる」と思っていたことが、やってもやっても
 「できない」という場合もあるでしょう。
 でも、それでも
 「できる」と思っているから「できる」んですよね。
 そうすると「できない」ようにも見えて
 最後には「できる」というようなことがとても楽しみになってきます。
 いつか必ず「できる」と思いつつ
 なかなか「できない」なんてことが、面白くなる。
 こうなってくると「楽しむ」ようになります。
 「できる」がわからないと「楽しむ」はありません。
 「楽しむ」が上手になると
  いつも「できる」ことばかりになります。
 なぜなら「できない」に決まっていることは「できない」のだから、しなくなるからです。
 奇跡を祈るんじゃなく、奇跡のようなことも
 「できる」とわかっているんですよね。 

☆習慣を味方につけたら、強いよ。
 しかし、習慣を敵にまわしたら、かなわないよー。
 いいと思ったことを習慣になるまで続けていた人が
 名人とか達人になるんだもんなぁ。

◆ここから、しつこくライブのお知らせをします。
年内のライブは、泣いても笑ってもあと3本です。

まずは、11/25土曜日シカゴロックにて
「MHKバースデー前夜祭!俺が還暦に見えるか?」
と題してライブを行います。(MHKが勝手につけました)
http://chicagorock.sakura.ne.jp/
 夜8時〜 チャージ1,500円
メンバーは
マッドハープ加藤(ボーカル&ブルースハープ)
南部 光隆(ギター)
中村 藍子(ドラム)
のトリオです。

◆12/2(土)コジマエンタープライズ企画/ブライトブラウン冬公演
〜Down Home Trip Tokyo 2017 in Bright Brown vol.3(完結編)〜
メンバー
マッドハープ加藤(Vo,h/from 大阪)
with 加藤ツヨシ(g)小山田トモキ(b)加々美タダシ(dr)
オープン19時
スタート19時30分
チャージ 1,500円(ドリンク別)
http://brightbrownnakano.wixsite.com/brightbrown

◆12/16土曜日 庄内BLUES&LIVE BAR LOOSE
https://ja-jp.facebook.com/shonai.loose/
☆夜7時〜8時
ブルースハープ・セミナー(生伴奏:南部光隆)
☆KeyAのブルースハープ持参
参加費:1,000円(要ドリンク代)
☆夜8時すぎ〜
加藤南部スタイル+shosan Vs Hoboぬきな&デルタスターズライブ
チャージ:1,500円(ドリンク別)
出演
マッドハープ加藤・Hoboぬきな・南部光隆・shosan
☆年内ライブは以上で終了!ポテチン!

◆最後に、バースデーが近づいた最近の心境にヒットした文章を載せておきます。
☆毎日、一日が朝に生まれて、夜に死んでいきます。
 縁起でもないと言われるかもしれませんが
 ただのほんとうのことです。
 死ぬから生まれるのだし、生まれるから死にます。
 これ、さみしいことにはちがいないんですよね。
 でも
 ずっと生きているような感じ、よりも
 生まれたり死んだりのリズムのなかにいるほうが
 さみしいというような感情もふくめて
 おもしろみがあるなぁ、と思ったのです。

◆以上です。
 いろいろ読んでいて、なんか人生おもしろみがあるなぁ、と思いました。
 お客様が多くても少なくてもライブはおもしろいのです。ポテチン!

◆追記:MHKがブルースハープ・セミナーでしゃべることは
    Basic MelodyとBump練習の重要性だけです。
    それしかわからないし、それを吹きたくてやってきたポテチンブルース・ハープ人生です。
IMG_0399.JPGimage001.jpg1505874548599.jpg
posted by マッドハープ at 05:04| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

MHK最新ライブ情報/新ユニット:MY WALTER'S(マイウォルターズ)/箱作で釣り

MHK最新ライブ情報です。
年内のライブは、残すところあと3本です。

◆まずは、11/25土曜日シカゴロックにて
「MHKバースデー前夜祭!俺が還暦に見えるか?」
と題してライブを行います。(MHKが勝手につけました)
http://chicagorock.sakura.ne.jp/
 夜8時〜 チャージ1,500円
メンバーは
マッドハープ加藤(ボーカル&ブルースハープ)
南部 光隆(ギター)
中村 藍子(ドラム)
のトリオです。
☆興味はないかもしれませんが
MHKは1960年11月26日(イイフロの日)生まれ
今年の誕生日をむかえると57歳になります。
リアル還暦をむかえるのが2020年11月26日です。
(ちなみに、東京オリンピックが開催される年です)

◆12/2(土)コジマエンタープライズ企画/ブライトブラウン冬公演
〜Down Home Trip Tokyo 2017 in Bright Brown vol.3(完結編)〜
メンバー
マッドハープ加藤(Vo,h/from 大阪)
with 加藤ツヨシ(g)小山田トモキ(b)加々美タダシ(dr)
オープン19時
スタート19時30分
チャージ 1,500円(ドリンク別)
http://brightbrownnakano.wixsite.com/brightbrown

◆12/16土曜日 庄内BLUES&LIVE BAR LOOSE
https://ja-jp.facebook.com/shonai.loose/
☆夜7時〜8時
ブルースハープ・セミナー(生伴奏:南部光隆)
☆KeyAのブルースハープ持参
参加費:1,000円(要ドリンク代)
☆夜8時すぎ〜
加藤南部スタイル+shosan Vs Hoboぬきな&デルタスターズライブ
チャージ:1,500円(ドリンク別)
出演
マッドハープ加藤・Hoboぬきな・南部光隆・shosan
☆年内ライブは以上で終了!ポテチン!

◆MHK2018年のライブスケジュール
1/7日曜日 庄内BLUES&LIVE BAR LOOSE
新ユニット:MY WALTER'S(マイウォルターズ)ライブ!
夜8時から チャージ:チップ制
メンバー
マッドハープ加藤(ボーカル・ブルースハープ)
岡部キング(ボーカル・エレキギター)
西野タツヤ(ドラム)

◆1/20土曜日 和歌山OLD TIMEにて
KOTEZ(hca.vo)&YANCY(key.vo)「新春ツアー2018」
<O.A>HOBOぬきな&デルタスターズ(マッドハープ加藤とshosan)
http://www.first-take.co.jp/oldtime/yoteiview.cgi?df=201801
 コテヤンに乱入するかも?
 詳細後日アップします。

◆1/27土曜日 サムズレッドハウスBLUES NIGHT!
 出演
 マッドハープ加藤(ボーカル・ブルースハープ)
 ヨシ水野(ボーカル・ギター)
 WHO(ベース)
 西野タツヤ(ドラム)
 shosan(ドラム)
 ホームシックコウイチ(ギター)
☆第1部は、セッションタイムの予定です。
 しかし参加人数が少ないと全編ライブになるかも?
詳細後日アップします。
 http://dp00004927.shop-pro.jp/?mode=f4

◆3/11日曜日 庄内BLUES&LIVE BAR LOOSE
新ユニット:MY WALTER'S(マイウォルターズ)ライブ!
夜8時から チャージ:チップ制
メンバー
マッドハープ加藤(ボーカル・ブルースハープ)
岡部キング(ボーカル・エレキギター)
西野タツヤ(ドラム)

◆十三RAIN COATブルースハープ・セミナー&ライブ
日時:3/31(土) 
ブルースハープ・セミナーは夜7時〜8時まで
☆KeyAのブルースハープと録音機(スマホ等)持参してください。
ライブは夜8時過ぎから チャージ:チップ制
メンバー
マッドハープ加藤(歌とブルースハープ)南部光隆(ギター)shosan(ドラム)です。
☆ブルースハープ・セミナーの参加費もチップ制です。
https://bar-raincoat.com/

以上です。
都合の良い日にお越しいただければ幸いです。
◆ここから釣りの話に変わります。
 今日が出勤日だったので明日の公休日は
 泉南箱作と下荘漁港の間にあるテトラポットで穴釣りを楽しんできます。
 釣った魚は、ゴロタ浜で焚火をして食べます。
 もちろん単独釣行です。
 もし、おヒマなら午前中に箱作のゴロタ浜を散歩してください。
 声をかけていただければ魚の味噌汁をごちそうします。
  
◆さぁ、ライブの選曲もメンバーに送ったので
 行き帰りのドライブ中はイメージトレーニングをします。
 釣りの帰りは、銭湯に寄って露天風呂とサウナと水風呂でイメージトレーニングをしてきます。
IMG_0399.JPGimage001.jpg1505874548599.jpg
posted by マッドハープ at 20:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

次のライブは「MHKバースデー前夜祭!俺が還暦に見えるか?」です。

◆次のライブは、11/25土曜日シカゴロックにて
「MHKバースデー前夜祭!俺が還暦に見えるか?」
と題してライブを行います。(MHKが勝手につけました)
http://chicagorock.sakura.ne.jp/
 夜8時〜 チャージ1,500円
メンバーは
マッドハープ加藤(ボーカル&ブルースハープ)
南部 光隆(ギター)
中村 藍子(ドラム)
のトリオです。
☆ゲストで集客を増やそうというセコイ考えは捨ててワンマンライブで行います。
 次の「機会」が与えられるように正直な演奏をします。
◆追記:MHKは1960年11月26日(イイフロの日)生まれ
    今年の誕生日をむかえると57歳になります。
    リアル還暦をむかえるのが2020年11月26日です。
    ちなみに、東京オリンピックが開催される年です。
    それまで現役続行できるか?できないか?
    それはポテチンの神のみぞ知ることです。
IMG_0399.JPGフェイスマッド.jpg
posted by マッドハープ at 23:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする