2017年01月09日

素直に一生懸命やる人間

みなさん、おはようございます。
昨夜は、今年最初のライブをシカゴロックにて
行ってまいりました。
◆天気予報では夕方から雨が上がるとの事でしたが
 仕事が終わっても冷たい雨がどしゃぶりでした。
◆夕方5時53分発 JR東西線木津行きに乗らないとリハに間に合わないので
 大急ぎでカッパの上下を着込んでマッドハープ号に乗って駅へ向かいました。
◆お店に着くと大野木氏はリハの途中。
 お客さんにリハを見せたくないという氏のポリシーに賛同して
 リハは夜7時に終了(わたくしのリハは15分で終了)
 後は、2人で曲順を決めました。
 お互いのネタを交互に書いていくとラストが
 ハードハーテッドウーマンというスローブルースになりました。
「まぁ、最後にコッテリもいいじゃないですか」と
 意見が食い違うこともなく完了。
◆リハが終わって行きつけのうどん屋へ一人で行くと
 箕面のSさんとお連れさんが席に座っておられました。
 久しぶりにお会いすると
「今日は大野木さんと一緒やから、お客さんがたくさん来ますよ〜」と
 予想してくれました。
◆お店に戻ると、Sさんの予想通り
 お客さんがたくさん来ておりました。(といっても15人でしたがMHKにとっては大入りです)
◆ライブの方は、KeyFハープの吹き語りでスタート
 それから、南部君と中村藍子さんを客席から呼んでサザンロッカーをやりました。
 去年もこのセットでやって手ごたえを感じていたのですが
 昨日は予想以上に二人の出すビート感が素晴らしく
 最初からテンションが一気に上がりました。
◆三曲目から大野木氏を呼んで
Everything's Gonna Be All Right(A)を
お互いにポジションを変えながらツインハープでやりました。
いつもながら「うまいなぁ〜」と横で聞きながら感心しておりました。
◆昨日の収穫は、なんといっても中村藍子さんのドラミングです。
 大野木氏と2人でやっておられたJimmy Reed のI Don't Go For ThatやOff The Wall
 4人でやったI GOT TO GOは圧巻でした。
 中村さんは
 「わたし、練習しないと出来ないから」と言っておられましたが
  MHKも全く同じです。自然で楽しくライブなんて出来ません。
  私見ですが日本人がBLUESを演奏するなら
 一生懸命コピーするしかありません。(滑稽で笑う方もおられますが)
 坂田三吉の王将のように
「吹けば飛ぶような将棋の駒に、懸けた命を笑わば笑え」です。
◆ごちゃごちゃ言わないで
 素直に一生懸命やる人間は一緒にやっていて気持ちがいい。
 昨日、来られたお客様も
 素直で一生懸命な方ばかりでしたので
 当然、ライブをやってる人間も気持ちよく演奏できました。
◆昨日は、広島の福山からオカダ君というハーピストが来てくれました。
 岡山からはイタガキ君(弟さんもご一緒)10年ぶりに来たゼリー君
 ルーズの村下氏、箕面の郵便局員さん、Sさん、Haoくん
 川崎さん、大西さん(アイパーではない)などなど
 新旧、混ぜたバラエティーに富んだお客様が来てくれました。
 塩山マスター夫妻?
 みなさん、ありがとうございました。
 大野木さん、南部君、中村藍子さんお疲れ様でした。
◆それと昨夜
4/15(土)シカゴロック山田とも&マッドハープ加藤ライブに大野木氏の参加が決まりました。
バックは南部君、中村藍子さんです。
◆Jimmy Reed - I Don't Go For That
(大野木さんと中村藍子さんが二人でやっていた曲はこれです)
https://www.youtube.com/watch?v=Xzpjv7eYc-k
Sam Myers - Down home in Mississippi (1978)
(生ハープとアコギのデュオ、こういうのがMHKのお手本です)
https://www.youtube.com/watch?v=c7mEpyF2bss
LIGHTNIN' SLIM & WHISPERING SMITH - Live 1972
(WHISPERING SMITH のハーモニカもMHKのお手本です)
https://www.youtube.com/watch?v=OwY2D0IgVhA
Sonny Boy Williamson and the Animals - My Babe
https://www.youtube.com/watch?v=vwc-uR2NA1g
(今度はサニーボーイスタイルのMy babeをやります)
◆写真撮影:イタガキヨシキ
IMG_3708.JPGIMG_3741.JPGIMG_3747.JPGIMG_3709.JPG
posted by マッドハープ at 06:10| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

今年最初のライブ/真源へと帰る(還る)

みなさん、おはようございま〜す。
私事ですが
お正月休みも本日が最終日となりました。
連日の長時間ウォーキングの後遺症?と睡眠不足で疲労気味であります。
昨日、近所のイオンで家族が買い物をしている間
店内のベンチに座っていると意識がなくなり爆睡してました。
(目が覚めて一瞬自分の居る場所がわかりませんでした)

◆MHK本日の思索
 テーマは「真源へと帰る(還る)」です。
またまた、可藤豊文氏の文献からです。

☆真源には始まりもなければ終わりもないが、存在するすべての基盤として
 どうあれあなたもそこから現れてきたのだ。
 はじめ人間は自分が何であるかも分からない低次の意識レベルから次第に進化し
 やがて人間という自意識を持つまでになった。
 しかし、ここでわれわれは行き詰っているのだ。
 どこに向かうべきか、その先が見えないまま、徒に生と死を繰り返している。
 なぜそうなるのかというと
 人間という形態だけが進化してきたのではなく
 意識もまた進化の全プロセスを内蔵しながら発達し
 理性的に考えられるまでになったが、心はその始まりからずっと時間の中を動いてきた。
 そこに思考が時間だけしか知らず、過去の情報(記憶)と習性に突き動かされ
 (それは煩悩や欲望という形をとってあらわれてくる)
 絶えず未来を志向し、夢や理想を追い求めるという行動パターンが続いていくのだ。
 われわれは限られた情報と経験をもとに、思考を未来に馳せ
 成功と失敗、進歩と挫折を繰り返しながら、そのプロセスには終わるということがない。
 思考はただ自己増殖していくだけであって
 われわれはその全体がどこへ向かうのか、どういう意味を持つのか全く分からないまま
 今後を、未来を思いばかっているだけなのだ。
 時間の中を生きている限り、いつの時代であれ、過去の状況分析と未来を占うという
 行動パターンは変わらないのだ。
 
 われわれが求める究極の真理は時間の中にはない。
 ということは、時間の中を動いている思考の中にもないということだ。
 真理はあなたの内なる実存に「本有の真源」としてある。
 それはかつても在ったし、今も在り、永遠に在り続けるものなのだ。
 従って真理は、今ここであなた自身が探りを入れるかどうかの問題であって
 思考や努力によっていつか実現されるような性質のものでは決してない。
 もしそうなら永遠の真理が未来に存在するという不合理が生じてくるだろう。
 人間の尊厳は思考のうちにあると言ったのは確かパスカルであったと思うが
 それは生の意味や究極目的について何も考えずに暮らしている人々
 永遠から目をそらし、今がよければいいではないかという人々に当てはまるのであって
 永遠の真理を問題にする場合、思考という時間はわれわれを誑(たぶら)かすだけでなく
 障害になっているのだ。
 要点はこうだ。
 真源は始まりもなければ終わりもない永遠であるが
 あなたが「我在り」と自らを意識したとき
 あなたの始まりは真源であり、終わりも真源になるということだ。
 なぜなら真源からさ迷い出たあなたはいつか真源へと帰る(還る)
 旅を始めることになるからだ。
◆以上です。 
 「中年から老年に向かっているMHKも真源へと帰る(還る)旅を始めることになっているのか?
  絶えず未来を志向し、夢や理想を追い求めるという行動パターンが続き
  限られた情報と経験をもとに、思考を未来に馳せ
  成功と失敗、進歩と挫折を繰り返しながら、そのプロセスには終わるということがない
  永遠の真理を問題にする場合、思考という時間はわれわれを誑(たぶら)かし障害になるということは
  ブルースハープのライブや練習も真源へと帰る(還る)障害になるのか?」
  てなことを思索した次第であります。
 
◆今年最初のライブは
 1/8(日)大阪シカゴロックhttp://chicagorock.sakura.ne.jp/
 加藤南部スタイル+大野木一彦&中村藍子ライブ!
 チャージ1,500円 夜8時から
 メンバー
 マッドハープ加藤(Vo.Hca)大野木一彦(Vo.Hca)南部光隆(G)中村藍子(Ds)
(ほとんど4人で演奏します。新春からアットホームでダウンホームなムードでやります)
◆「ブルースハープのライブや練習も真源へと帰る(還る)障害になるのか?」と
 思索しながらライブ情報を載せるMHKは裏表(矛盾の塊)のある人間です。
◆では、そろそろ初詣ムードがなくなった神社へ参拝に出かけます。
 今朝もレスターダヴェンポートのコピーをしながら歩きます。
◆Lester Davenport - Chicago Blues Festival (1994)
ブルースハープとギタードラムのトリオ編成です。
MHKもこういうサウンドを出したいのであります。
https://www.youtube.com/watch?v=svoPNk4-pbw
https://www.youtube.com/watch?v=QLQXyKBuSBA
__ 1 (2).JPGR0021197.jpg
posted by マッドハープ at 05:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

創造活動&呼吸/人間に息を吹き込んでいる

みなさん、おはようございます。
おかげさまで
散歩と思索に耽りながら
お正月休みをを楽しんでおります。
ちなみに
歩くことと考えることは非常に関係が深いそうです。
(多くの哲学者や思想家は散歩をしながら思索をしていたそうです)
むずかしいことはわかりませんが
MHKにとって歩くこと思索することは
お金がかからずに気分転換できることなのです。
◆ここから少し初釣りの釣果をお知らせします。
 昼の2時半ごろから夕方4時半まで
 いつものように穴釣りをしてきました。
 
魚が居そうな深いテトラ(穴)に仕掛けを入れてアタリを待つ作業を行うのですが
 反応はなくあきらめかけた頃にアタリがありヒットしました。
 釣り上がったのは5p級のガシラちゃん
 (リリースサイズですがその後釣れそうな気がしなかったのですが
 ガシラちゃんにあやまりながらクラーへ入れました)
 その後、双子のような5p級のガシラちゃんが釣れました。
 時間がなくなってきたので
 残ったシラサエビを穴に投入しながら粘ると
 兄貴のような10p級のガシラとソイが釣れました。
 以上、4匹の釣果でした。
 
 家に持って帰るとカニ鍋をやっていたので
 釣った魚を鍋に放り込もうとしたら
「味が変わるやんか!気持ち悪いし!別の小鍋で食べて!」
 ということになりましたが
 カニと野菜をわけてもらって豪勢な味噌汁にしていただきました。
 (初風呂のほうは泉大津の浜之湯へ行ってきました)
◆ここからまた話題が変わります。
 「創造活動&呼吸」について
昨日に引き続き、詩人ルーミーの言葉からです。
☆スーフィーの教えでは、私たちの創造活動には
 深い根源からくる鼓動と意識の流れがあることを示唆しています。
 すべての伝統は「呼吸」と密接に結びついた絶え間ない潮の満ち干なのだとわかります。
 私たちは自己の内に流れる潮流とのつながりを自覚したときこの世界全体とつながるのです。
 
 呼吸法は、一見すると簡単そうに感じられます。
 それは私たちが呼吸に対して静かに注意を向けることなのです。
 しかし、呼吸をコントロールしようとするのではなく
 呼吸自体が最も自然にリラックスしている状態を、ただ観察することが重要です。
 
 息を吐くたびに私たちはすべての執着
 心の痛み、ノイローゼ、妄想、強迫観念が心の内から外へ排出されるのを目撃するはずです。
 それらは、分離という空疎な意識を維持しようと「幻の私」が用いた策略です。
 このように息を吐いて出していくことは「浄化」として感じられます。
 それはまず、最も極端な感情の浄化から始まり神経ルートを通じて流れ
 心を清め、最終的に左の鼻孔から流れ出ます。
 心を静めて集中すれば、この流れと同化することができます。
 また、息を吸うことによって、右の鼻孔から輝きに満ちた「息吹」が入り
 それが最初に眉間の中心に神秘的な色となって広がり
 続いて頭上にある光の王冠に届き、その気の流れが最終的には胸の中心にある座に落ち着きます。
 この一連の思考パターンを「神だけが真実」と呼ぶのです。

☆キリスト教徒でもない ユダヤ教徒でもない
 イスラム教徒でもない ヒンドゥー教徒でもない
 スーフィーでない 仏教徒でない 禅修行者でない
 どの宗教にも属していない
 どの文化にも属していない
 東から来たのでもない
 西から来たのでもない
 海から来たのではない
 大地から生まれたのではない
 自然界から来たのではない
 天界から来たのではない
 どんな要素からも構成されていない
 「私は 何者でもない」 
 この世のものでもない あの世のものでもない
 アダムとイブのような太古から来たものでもない
 独自の物語を生きるものでもない
 私の居場所は定まらない 私は跡を残すことはない
 私は体ではない 魂ではない
 「私は 愛する方のなかにいる」
 ふたつに見えて世界はひとつ
 始めもなく終わりもなく外側も内側もなくただひとつにつながり
 ただひとつの命が息づき
 「人間に息を吹き込んでいる」

◆以上です。
 「人間に息を吹き込んでいる」
 そういう意識を持つことで
 みなさんとひとつになり
 「グッとくる何か」をいつも感じられるようになるのではないか?
 と思いついた次第であります。
◆本日は今から西宮鷲林寺までマッドハープ号に乗ってサイクリング
 そこから観音山まで歩いてきます。
 帰って来たら、きな粉餅を食べて買い物に出かけます。
 そして、夕方から尼崎極楽湯に行く予定です。
◆てなわけで「創造活動&呼吸」は
 お金がなくても誰でもできることです(老若男女関係なし)
 ただ、意識を持てばできます。(できるできないでなくもともとできてるんです)
 みなさんも毎日歩いて思索してブルースハープを吹いてくださ〜い!  
posted by マッドハープ at 04:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする