2018年04月29日

おじいちゃんになって初ライブ!/ブログは流行り廃りとは無縁だ/MHKは超自由主義者?

みなさん、おはようございます。
昨夜は、おじいちゃんになって初ライブを行なってきました。
(場所は、堺サムズレコード隣接のレッドハウス)
孫が出来た影響があったのかを報告します。

◆昨日は、現場が宝塚だったので仕事が終わり、そこからお店へ向かいました。
レッドハウスには夜8時前到着しましたが
HOBOぬきな氏は、まだ到着しておらずセッションタイムだったのに参加者が居らずにシーンとしてました。
しばらくして、堺ブルースフェスティバル出演を終えたHOBOぬきな爺ちゃんが酩酊寸前状態で
お店に到着されました。

◆すでに夜8時を過ぎていたのですが、慌てることもなくライブが始まりました。
酩酊状態のぬきな爺がいきなり
「ハープだけでやるわ」と言ってバンプを吹き出したのでそれに合わせて私も吹き出しました。
(もちろんぶっつけ本番です。いつもそうですが・・・・)
お互いに適当に思いついた歌詞で歌いながらステージを降りて、客席を練り歩きました。
(いきなりかぁ〜と思いながら酔っぱらってる、ぬきな爺についていきました)

お客さんは、HOBO’S BARの常連さんが5人だけだったのでプライベートライブという雰囲気でした。
2曲目から、オープンGでジョンリーフッカー風の曲をやり(また、ステージを降りて練り歩き)
その後、ぬきな爺はドブロギターに持ち替えて演奏されましたがやっぱりオープンGでしたので
私もずっとKeyCハープだけで吹いてました。(オープニングのアカペラ曲もKeyCハープ使用しました)
結局、昨夜、使用したのはKeyCハープ1本のみでした。(フランク・フロストみたいでっしゃろ〜)

◆数曲やったあと、ぬきな爺が「次の曲で終わりです」といきなりしゃべって演奏が終わった後
 わたしが、アンコールを要求してライブ終了しました。
 
◆ライブの演奏が終わって時計を見たら、まだ夜9時過ぎでした(結局35分くらいやっただけ)
 その後、ぬきな爺を、車で宿泊先まで送ったらお小遣いをいただきました。
 (なかなか、良い時間給となりました)
 ちなみに、本日の堺ブルースフェスティバルにもHOBOぬきな氏は出演されます。
 場所は、下記をクリックしてください。
 http://www.sakai-bluesfestival.com/
 ということで孫が出来るとお小遣いがいただけて
 細かいことが気にならなくライブができるようになりました。

◆昨夜のレッドハウスブルースナイトにお越しいただいたお客様。
 サムズの社長、レッドハウス店長のコウイチ君
 ありがとうございました。
 HOBOぬきな爺、お疲れさまでした。
 本日も西口酒店で練り歩きパフォーマンスをしてください。

◆話がここから変わります。
当ブログ愛読者の方から下記のメッセージをいただきました。
「ブログは時代遅れでもないと思います。まぁSNSに押されまくりですが
 ジーパンみたいに流行り廃りとは無縁なものとして残ると思います。
 盆栽みたいにのほうが近いかもしれません」

◆以上です。
 思い返せば、私の人生、流行り廃りとは無縁だった気がします。
 (まぁ、偏屈なので流行るものが嫌いということが原因ですが・・・)
 バブルの時代も経験してるはずなのにそれとも無縁だった。
 BLUESも流行り廃りとは無縁なものとして残るんでしょうなぁ〜ポテチン。

◆話がここからまた変わります。
ある本に超自由主義(自由主義と自律社会)ということを書いてましたので
それについて意味を調べてみました。

☆自由とは、一般に「拘束からの解放」つまり「ある行動に当たって外的な障害や拘束がないこと」を
意味しているのであります。
そして自由主義のもっとも大きな意義は、自由を愛し自由を実践する自由人を生み出すことにある。

☆現代のように物質的な欲求がある程度満たされてきますと
人間は自らの独自の生き方、個性的な生き方を求め
それを実現して、「生きる歓び」、自分自身の「精神的な価値」を求めるようになる。
やがて、人類の究極の目標である「自律社会」が生まれるというのです。
そもそも「自律」とは、「自分で自分自身の行動をコントロールして、正しい道理に従うようにすること」
であります。

☆自律社会とは、人間は、物質的な欲求が満たされてくると
本来的に幸福を追求しようとする欲求を持っていますから
自分に合った価値を選び、「自分自身の生き方をきちんと描き」
その実現に向けて自ら立てた規範に従って自分をコントロールしながら、
仕事や生活の仕方、生き方を自由に選び、自らの人生の目的を立て、自己実現に向けて楽しく生きる。
人間の心を満たそうとする社会であるとします。

◆以上です。
わたくしは、楽しく生きるために酒を飲み
楽しく生きるために酒をやめました。(というか飲めない状況になった)

楽しく生きるために信仰の原理を利用して(といっても無宗教な人間です)
さらに楽しく生きることを極めていきたいと思っています。

そのひとつが銭湯です。
そろそろ、サイクリング(ママチャリで)&スロージョギングに出かけますが
それも、楽しく生きるためです。
ということでMHKは超自由主義者?なのであります。
みなさんにも、超自由主義者になって楽しく生きていただきたいのですが人に勧めることはしません。
ソロ活動、自律、強制と自己主張しないことをモットーとしております。

◆本日、シメの話はゴールデンウイークライブ情報です。
☆5/4(金)
「ゴールデン・ダブル・ハープ」
大野木一彦(hca,vo)
KOTEZ(hca,vo)
岡部キング(g)
場所:シカゴロックhttp://chicagorock.sakura.ne.jp/
19時開場 20時開演
チャージ:2,000円
(MHKは、出演者ではありません)

☆5/5(土 祝)
「ゴールデン・トリプル・ハープ」
大野木一彦(hca,vo)
KOTEZ(hca,vo)
マッドハープ加藤(hca,vo)
BadBoy明里(g)
ヨシ水野(g)
場所:塚本ハウリン・バーhttp://www.howlinbar.com/
19時開場 20時開演
チャージ:2,500円

ご都合が良ければお越しください。
Photo by ホームシックコウイチ
(いちびるおじいちゃんHOBOぬきな&MHK)
nukina&MHK1.jpgnukina&MHK.jpg
posted by マッドハープ at 06:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

初孫/おじいちゃんデュオ/選ればれている証し/ブログは時代遅れ?

みなさん、おはようございます。
私事ではございますが日曜日に初孫が生まれました。
女の子です。

◆ゴールデンウィークのはじまりは
 4/28(土)裏・堺ブルースフェスティバル
 サムズレコード・レッドハウスにて
 HOBOぬきな&マッドハープ加藤ライブ
https://es-la.facebook.com/funkinbathroom
 夜7時からセッションタイムスタート
 夜8時からライブスタート
チャージ:1,500円(1ドリンク付き)

◆ちなみにHOBOぬきな氏もお孫さんが居られますので
おじいちゃんデュオということになります。

◆ここから、話が変わります。 
 「肉に蒔く者と霊に蒔く者」から(興味のない方はスルーしてください)

☆「君は、自分の内部に激しい矛盾葛藤が存在するのを感じている『霊に蒔く』生き方が
 人間として真に意義ある生き方だと知っていながら、それを完全に受け入れることができずにいるというわけだ。
  というのも、君の心にはともすれば神に対する懐疑心や、恨みや、反駁(はんばく)の感情が湧き起こり
  それらが抵抗要因として働いているからだ」
  
  「そうだね〜」

  「しかし、よく考えてみたまえ。その矛盾とはどうして起こるものなのか。
   君がもし、世間一般の連中のように、肉の人間のままであったのなら
   その矛盾葛藤は決して起こることはなかっただろう。
   彼らは神の子たる資格が与えられていないからだ。
   つまり、君に蒔かれた神性の種子が、君の内部で芽を出し、枝を延ばし
   どんどん育とうとしているからこそ
   その矛盾葛藤が起こるのではないか?
   君の内部で、霊の人間が肉の人間に対して攻撃を加え、これを殺してしまおうとしていることによって
   激しい痛みが生ずる。
   その矛盾葛藤こそが、君が神の子として選ばれている証しだということではないのか。
   もしそうでなかったら、いったいそれは何だということになるのか」

  「そうすると、MHKも神の子のひとりとして数えられてるいうことでっか?
   やがては、神の国に招いてもらえる人間のひとりとして。
   せやけど、そんなことがホンマにあるんかいな?という思いが残りますねぇ〜」

  「あったとしたらどうすんねんと言ってるんや!」

  「せやね〜もしそうなったら、掛け値のない気持ちで『生きてきて良かった』と思えるやろね。
   たとえこの世でどんな苦難を味わったとしても、そのすべてが報われたと思えるんちゃうかね。
   むしろこの世で苦難を味わったからこそ、たとえばアル中になったからこそ
   その境地にたどり着くことができたと
   却って困難が祝福であったみたいに思えるかもしれんね。
   特に『肉に蒔く』人間には、それが一切与えられていないことを思えば」

 「そういうこっちゃ!我々にはその希望が与えられており、彼らには与えられていない。
  この、我々と彼らとの間の、希望を持つことができるかできないかの違いが
  どれほど大きな違いかわかるやろ。
  これは誰にとっても、自分の人生の最後が近づいてくるにつれて、否応なく明らかになる。
  精神的存在者としての我々にとって、生きるということは、つまりそういうことなわけや。
  これ以外の、これ以上の、精神的な生き方というものは、存在しない。
  勿論、この世における実際の生活の中には、落胆することも多く、
  ともすれば希望を失ってしまうようなことばかりが起こってくる。
  それは確かなこっちゃ
  しかし我々には、この死の陰の谷にあってなお、遠くの灯とも呼べるような希望が与えられており
  やがて我々は、そこへ行き着くことができるだろうという思いが、我々を支え、励まし続けてくれている。
  これは、否定しようがない事実やね」

  「そうですね。たとえ押しつぶされるような思いを味わうときでも、その希望だけは
    遠くに点った灯のように、消えることはないですね〜」 
  
  「まぁ人生なんて、想像するよりもずっと早く終わってしまうものだ。
   だから、あと少しだって頑張ってみるしかない。
   実際ここまでやってきて、いまさら肉に蒔く生活(酒飲み生活)にもどるなんてこともできまい。
   最後までこの生き方を貫き通す以外に、道は残っていない。
   イエス・キリストも言った。
   『あなたたちも、この世では苦難があろう。しかし、しっかり心を保ちなさい。
    私はすでに世に勝っている』と
   肉に蒔く者は滅びを刈り取り、霊に蒔く者は命を刈り取る・・・・
   我々にも彼らにも、やがてふさわしい結果が、与えられることとなるだろう」

◆以上です。
   
  おじいちゃんになったということは、いよいよ人生が短くなってきたということです。
  最近、こういう文章がグッと沁みるようになりました。
  みなさんも、矛盾葛藤が起こるいうのは選ばれている証しと思って
  ブルース・ハープを吹き続けてください。
  オチがついたので、今日のブログはこのへんで、おいとこぶし〜!ポテチン!!!

◆追記:レッドハウスさんにブログのことを質問したら
「ブログはやめました。ライブの告知はフェイスブックとツイッターでやってます」とのお答えでした。
そう言えばnogi氏もTakagiman氏もブログの更新はやってませんなぁ〜
ブログを書くというのは宣伝の効果はなく、今や時代遅れちゅうことでしょうなぁ〜
しかし、おじいちゃんの趣味として更新を続けますます。ありがとうございます!!!
posted by マッドハープ at 05:08| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

巫者とMHKの共通点/世間公認のブルース・ハーピスト/肉に蒔く者と霊に蒔く者/MHKライブ情報

みなさん、おはようございます。
まず、最初の話は
「巫者(ふしゃ)とMHKの共通点」
☆巫者とは、神がかりの状態で神託を告げる者。
さまざまな巫者の呼称がありますが
全国的なブランドとして有名なのが青森県の「イタコ」です。
(実は、わたくしも巫者という言葉をおとつい知りました)

◆たとえば、イタコの中にも周りの人に
「○○さんはイタコですか?」と尋ねれば
「あの人はイタコとはちょっと違う」というゆるやかな否定や
「イタコといえば、まあイタコかな」という消極的な肯定が返ってくる人物。
本人も自分がイタコであることを否定したり
肯定するとしても消極的な言葉を選ぶような人物がいるそうです。
そうした人物も、神仏を授かり、自宅に立派な祭壇を構えるなど
表面上は他のイタコたちと相違がないように見えるが
それでも、イタコを自認せず、周囲からもイタコと考えられていない
「乞食イタコ」と呼ばれる「擬装シャーマン」がおり
彼らは「世間公認のイタコ」から疎外されているそうです。
(たとえば、イタコの修業を途中で挫折したり、イタコ組合のオキテにそむくなどの
 経験によって「公認」から外れた者だそうです)

◆さてMHKとの共通点ですが
わたくしもリトル・ウォルターやビッグ・ウォルターやサニーボーイT世・U世
フランクフロスト・レスターダヴェンポート・ビッグジョンレンチャー
リトルマックシモンズ・キャリーベル・ジェイムズコットン・ジュニアウェルズ等々
亡くなったブルース・ハーピスト達の(神霊,生霊,死霊の心)をコピーして
口寄せ活動(ライブやブルース・ハープセミナー活動)を行なっております。
世間には、プロのブルース・ハーピストと相違がないように見えますが
自認もしておらず、周囲から(身近な人から)もプロとして考えられていない。
それと、ブルースハープ組合?のオキテにそむくなどの経験をしている。
MHKも「擬装ブルース・ハーピスト」です。
以上です。
(注意:思いつきで書いてますので読み流してください)

◆口寄せとは
民間信仰の一つ。神霊,生霊,死霊の心を巫女など霊媒の口を通して聞くこと。
青森県の下北半島のイタコの口寄せは,親族の死者の言葉を子孫たちに伝えるものとして知られる。
民俗学・人類学でいうシャーマニズムの一例であり,現世と他界とのコミュニケーションの一形態といえる。

◆話がここから変わります。
二千年以上も前に、二種類の人間の類型がキリストによって説かれていました。
「自分の肉に蒔く者は、肉から滅びを刈り取り、霊に蒔く者は、霊から永遠のいのちを刈り取るであろう」
☆言葉の意味ですが
「肉」は、一般の意味ではなく「罪」を意味しており「肉に蒔く」は
 神が悲しまれる「罪」を重ねることだそうです。
「霊」は、「神的なもの」という意味で
「霊に蒔く」とは、愛・喜び・平和など、神が望まれるあり方に生きることだそうです。
つまり
人生という畑に、何を蒔くかということに注意する必要があるということで
結局は、蒔いたものしか刈り取ることはできない。
罪を重ねる生き方は「滅び」という最悪の結果に至り
愛・喜び・平和など、神が望まれる生き方は、「永遠のいのち」
すなわち喜びにあふれた人生を得るということです。

◆言葉を読みながらチト考えてしまいました。
 BLUESを演奏することは肉を蒔くことになるのか?
 BLUESを演奏することは霊を蒔くことになるのか?
 最後は、最悪の結果に至るのか?喜びにあふれた人生を得ることになるのか?
 でも、MHKは「擬装ブルース・ハーピスト」ですから
 最悪にも喜びにあふれた人生にもなることはないのであります。
 (オチがついて安心しました)

◆話がまた変わります。MHKライブ情報(新着ライブ情報追加です)
☆4/28(土)裏・堺ブルースフェスティバル
 サムズレコード・レッドハウスにてhttps://es-la.facebook.com/funkinbathroom
 HOBOぬきな&マッドハープ加藤ライブ
 夜7時からセッションタイムスタート
 夜8時からライブスタート
チャージ:1,500円(1ドリンク付き)

☆5/4(金)
「ゴールデン・ダブル・ハープ」
大野木一彦(hca,vo)
KOTEZ(hca,vo)
岡部キング(g)
場所:シカゴロックhttp://chicagorock.sakura.ne.jp/
19時開場 20時開演
チャージ:2,000円
(MHKは、出演者ではありません)

☆5/5(土 祝)
「ゴールデン・トリプル・ハープ」
大野木一彦(hca,vo)
KOTEZ(hca,vo)
マッドハープ加藤(hca,vo)
BadBoy明里(g)
ヨシ水野(g)
場所:塚本ハウリン・バーhttp://www.howlinbar.com/
19時開場 20時開演
チャージ:2,500円

☆5/14月曜日・豊中庄内LOOSEにてhttps://ja-jp.facebook.com/shonai.loose/
マッドハープ加藤&南部光隆ライブと
ブルースハープ・セミナー
セミナーは夜7時〜8時KeyAハーモニカ持参
ライブは8時半から
チャージはチップ制(セミナーも)

☆5/19土曜日十三RAIN COAThttps://bar-raincoat.com/
マッドハープ加藤&南部光隆+SHOSANライブ&ブルースハープセミナー
セミナーは夜7時〜8時KeyAハーモニカ持参
ライブは8時半から
チャージはチップ制(セミナーも)

☆6/11月曜日・豊中庄内LOOSEにてhttps://ja-jp.facebook.com/shonai.loose/
T-MAD.KINGライブとブルースハープ・セミナーを行ないます。
ゲスト:カトリン(ボーカル&ブルースハープ)
メンバー
マッドハープ加藤(ボーカル&ブルースハープ)
岡部キング(ギター)
西野タツヤ(ドラム)
セミナーは夜7時〜8時KeyAハーモニカ持参
ライブは8時半から
チャージはチップ制(セミナーも)

☆6/30土曜日・豊中庄内LOOSEにてhttps://ja-jp.facebook.com/shonai.loose/
 「マッドハープ加藤&バッドボーイ明里vs前川歌名子&ヨシ水野」対デュオライブ
 チャージ1,500円 
 夜8時から

☆7/9月曜日・豊中庄内LOOSEにてhttps://ja-jp.facebook.com/shonai.loose/
マッドハープ加藤&南部光隆ライブと
ブルースハープ・セミナー
セミナーは夜7時〜8時KeyAハーモニカ持参
ライブは8時半から
チャージはチップ制(セミナーも)

☆7/28土曜日
場所:シカゴロックhttp://chicagorock.sakura.ne.jp/
「マッドハープ加藤vs大野木一彦90分一本勝負!真夏の対決!」
夜8時から チャージ2,000円
メンバー
マッドハープ加藤(ボーカル・ハーモニカ)
カズ・オオノギ(ボーカル・ハーモニカ)
岡部キング(ギター)
中村藍子(ドラム)

☆8/13月曜日
場所:シカゴロックhttp://chicagorock.sakura.ne.jp/
T-MAD.KINGライブ
メンバー
マッドハープ加藤(ボーカル&ブルースハープ)
岡部キング(ギター)
西野タツヤ(ドラム)
夜8時から チャージ:1,500円

☆8/18土曜日
場所:名古屋OTIS'
https://sinsakaeotis.jimdo.com/
「BLUES収穫祭!ありがとう!池田ヤング」
出演 
 池田ヤングのFRIENDS
詳細は、後日お知らせいたします。

☆8/25土曜日十三RAIN COAThttps://bar-raincoat.com/
マッドハープ加藤&南部光隆+SHOSANライブ&ブルースハープセミナー
セミナーは夜7時〜8時KeyAハーモニカ持参
ライブは8時半から
チャージはチップ制(セミナーも)

☆マッドハープ加藤 2018 Down Home Trip 湘南台&東京
1日目:11/23金曜日
場所:湘南台中華三番『デュオ編・カトウズ』
Gt: 加藤ツヨシ
チャージ:投げ銭
https://twitter.com/hiblues

2日目:11/24土曜日
場所:ブライトブラウン『バンドスタイル編』
Gt: 加藤ツヨシ
Ba:小山田トモキ
Dr: 加賀美タダシ
http://brightbrownnakano.wixsite.com/brightbrown
詳細は、後日お知らせいたします。

◆最後にMHKがグッときた動画(元気が出ます)です。
 水前寺清子の「いっぽんどっこの唄」
https://www.youtube.com/watch?v=uRtrs6AuddM
そして「三百六十五歩のマーチ」
https://www.youtube.com/watch?v=1Skn0HuLkfs
◆では、雨が上がってきたのでスロージョギングにでかけます。
◆写真右は、裏・高槻ジャズストーリートに出演するササキサトコさんです。
mhksatokoIMG_0471 (002).jpg
posted by マッドハープ at 04:55| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする